アヒル軍団 バッタ。 【悲報】インドさん、バッタ大群がヤバすぎて飛行機が飛べない模様「想像以上にデカくて草」「誰かアヒル軍団よんでやれよ?」

【悲報】インドさん、バッタ大群がヤバすぎて飛行機が飛べない模様「想像以上にデカくて草」「誰かアヒル軍団よんでやれよ?」

こういうイナゴの被害が、国連によると「前例のない規模で壊滅的」に広がっています。 ありがとうございます。 北の諸都市は実質ロシア支配下で「中国」という国もなくなった未来。 日本が投資してやった企業も工場も閉鎖・撤退済みで、保守もできずに壊れた機械が遺棄されたまま、 崩壊壊滅した廃墟のなかで中国人は国連からの人道援助物資にウホウホと群がる乞食に戻っている。 古老たちがときおり、「昔は最優秀民族・日本人様がこの地に光臨して神のように教導してくださり、 我々は電話も、車も、電車も、空飛ぶ籠さえ作れたのじゃ」 と語っても、半裸の子供たちはポカーンと間抜け面をしながら、 「嘘だい、井戸も掘れず、川も渡れない馬鹿で弱い俺たちがそんなの作れたわけないよ」 とゲヘゲヘ笑いものにする。 神様がいるかどうか「わからない」「いやいやいるわけないでしょw」という人は正常な神の子です そういう人で聖書を読んだ事のない人は福音書を読んでみましょう イエスが博愛主義者ではない、博愛主義者として利用している宗教家がいる事が分かる筈 日本人はイエスを誤解している 悪霊 サタン より生み出された人は生まれながらに本能で神の存在を知っている それが悪霊より生み出された人の特徴であり神の刻印 神の霊によって生きる日本人には宗教の下地がそもそもない 日本で宗教が広がりにくい理由がこれ 本能で知っていても駄目、知らないままでも駄目 知らないところから気がつき、知ろうと努力し教えを生活で少しずつ実践してみる事が大事 聖書の黙示録とか易姓革命とかみんな詳しくて大変結構。 "A chicken can eat 70 locusts a day , but a duck can eat 200," Lu said, noting that "They won't even leave a locust cocoon behind. なぜ今回の事態に?【サバクトビバッタの生態】 成虫のオスの体長は40~50mm、メスの体長は50~60mmにもなり 蝗害を起こすバッタの中では大型の部類に入ります。 2019年は、1902年に記録された過去最低の雨量を下回る降雨量を記録した。 バッタの駆除には化学農薬または生物農薬の使用を勧めているという。

Next

中国に新型コロナ以上の被害!200兆匹バッタが日本に来る!?

パキスタンでは最大州のバローチスターン州やパンジャブ州ですでに広がっている。 。 中国蝗灾防治工作组组长、全国农业技术推广服务中心首席专家王凤乐介绍说,用鸭子来治理蝗虫是一些中国专家做的探索性课题,暂时没有进入政府援助方案。 これらの地域全体で、駆除作戦が展開されている。 これを繰り返すのが通常のサバクトビバッタの生態です。

Next

バッタの大群がラオスから中国に侵入 9月にかけて「蝗害」大爆発も 竹やイネなどの植物を食べ尽くす「黄脊竹蝗」という種類

なので、仮にアヒルを送ったとしても、小規模多発的な発生には対応できるかもしれませんが、パキスタンの情勢に適合するかはなかなか考えどころかもしれません。 この蝗害により、中国の食糧事情は供給不全に陥る。 1つ目はインドやパキスタンを経由しチベットに進入するルートだ。 。 ibenzo. Cressmanによれば10万匹のアヒルが1日に2000万のイナゴを食べたということで、これでは半分も満たしません。

Next

「アヒル軍団」はバッタ退治に派遣されない

が、これ以上はどうしようもないのです。 しかし、決壊してもしなくても、そのような事態になれば政権を維持することは不可能だろう。 記事にあるように、ドローンで地道に殺虫剤を散布し続けるしかないのか。 イナゴの数によっては、殺虫剤より効率がいいのだとか。 国家林業草原局は、国連食糧農業機関(FAO)の発表を引用し、サバクトビバッタの数は今年6月までに現在の500倍に急増する恐れがあると強調した。 200兆匹のバッタは日本にくるのか? 結論から先に 200兆匹のバッタは日本には絶対に来ません。

Next

[B! 社会] 「アヒル軍団」はバッタ退治に派遣されない

対バッタ兵器であるアヒルに関する試験は、今後数カ月以内に新疆ウイグル自治区で行われ、その後アヒルは順次、パキスタンで最も被害を受けているシンド州、バローチスターン州、パンジャーブ州へと派遣されることになっています。 国家林業草原局は、国連食糧農業機関(FAO)の発表を引用し、サバクトビバッタの数は今年6月までに現在の500倍に急増する恐れがあると強調した。 200兆匹のバッタは日本にくるのか? 結論から先に 200兆匹のバッタは日本には絶対に来ません。 紀元前2500年ごろから世界中でバッタによる蝗害が記録を残しており定期的に作物を食い荒らし飢餓を巻き起こす悪魔、神罰とも呼ばれています。 GIZMODEはなかなか詳しい説明をしていて、国際連合食糧農業機関(FAO)の主任蝗害予報官(!)のKeith Cressmanにも話を聞いています。

Next

バッタの大群がラオスから中国に侵入 9月にかけて「蝗害」大爆発も 竹やイネなどの植物を食べ尽くす「黄脊竹蝗」という種類

バッタが大量発生しアヒル軍は対抗できるのか?日本海は渡らないよね?【バッタの大量発生は古代から?】 バッタの大量発生については、古くから「クルァーン」や「聖書」に書かれており、直近では2003年10月〜2005年5月にアフリカや中東で起きました。 が、雨季になり少量の雨が降ることでバッタの餌となる「草」が生えてくるのでその餌でお腹いっぱいになると今度は産卵します。 中国国家林業草原局は2月27日、緊急通知を発表し、各部門に蝗害(こうがい)拡大防止体制を整備するよう求めた。 作物の全滅による飢餓が懸念されるのです」と述べる。 そもそも、習近平・中国共産党政権が、これら天変地異を無事に収めていけるのか。

Next

【黙示録第5のラッパ】中国にバッタ襲来のリスク高まる 6月までに500倍に急増する恐れ

このほか、「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」と記事は指摘。 カリフォルニア大学リバーサイド昆虫研究所のダグ・ヤネガ博士は、「イナゴによる農業被害の影響は、経済的問題を超えて、人道的な危機に直結する可能性があります。 のにが万羽「軍」 - もしたが、を書けばこの話は、構想の段階であり、の状況と合わせてもではないということになり。 ちょっとここの時系列がよくわからないのですが、同じ時期に卢立志は英語圏のメディアにもインタビューで答えています。 そういう意味では、 今後、イナゴが「中国に侵入した時」が、このイナゴ事象の最大の転換点となると思われます。

Next

【黙示録第5のラッパ】中国にバッタ襲来のリスク高まる 6月までに500倍に急増する恐れ

Lu氏は、このように述べている。 対象者(賄賂常習犯)は永遠に、救われない。 この流れの中で、どういった勢力が中国共産党を潰そうとしているのか。 こうして、中国の歴史上、王朝交代期につきものの疫病が人知れず拡大していく。 さらに、ラオス国境からも別のバッタが侵入してきたとのことだ。 500倍といえば、現在、中国に向かっているイナゴだけでも 4000億匹と推定されていることから考えますと、パキスタンや中国あたりのイナゴの数も、100兆匹とか 200兆匹とかになる可能性もあるのかもしれなく、こうなると、10万羽のアヒル部隊では防衛は難しいと思われます。 実現は難しいのではないか しかし、そもそもパキスタンにおいてアヒルによる駆除は難しいのではないか、という意見もあります。

Next