サーチ コンソール 使い方。 サーチコンソールの登録方法と初心者でも分かる使い方【2019年版】

『Googleサーチコンソール』とは|初心者に解説【登録、設定、使い方】

ロボットはネット上をあちこち巡り、ウェブサイトの存在を確かめページごとに内容を記録します。 「詳細」ページではロボットにブロックされたページも分かります。 どの国からの検索が多いかを知りたい場合 「国」をクリックすると、どの国からの検索数が多いのかということが分かります。 このチェックはご覧の通り、いくつかの方法が用意されています。 例えば、こちらのグラフ。 このサイトマップを作成しGoogleに送ることで、サイト全体の情報を検索エンジンに知らせることができます。

Next

【Googleサーチコンソールの使い方】具体的な分析法3つとアナリティクスとの違い

ペナルティ違反しているページは検索順位表示されません。 このようにすると、表示回数が多いのに、 クリック率が低い記事を見つけることが出来ます。 オリジナリティ• セキュリティの問題 サイトやブログにセキュリティ問題が生じた場合、こちらにメッセージが表示されます。 連携によりサイト改善のための分析がより容易になる サーチコンソールとGoogleアナリティクスとは、連携が可能です。 自分のサイトに向けて貼られているリンクを把握できる• Googleアナリティクスにログイン後、上部メニューの「 アナリティクス設定」から「 プロパティ設定」をクリックします。 具体的には以下のことができます。 一応言っておくと、僕はホームページを制作する仕事をやってるんですね。

Next

サーチコンソールの登録方法と初心者でも分かる使い方【2019年版】

どんなキーワードで検索されているのか• 一覧に並ぶクエリの横を見てみると、個別に以下の4つを把握できます。 「リンク」のページでは自サイトの「どのページに」「どんなサイトから」「どんなアンカーテキストで」リンクを受け取っているかを調べる事ができます。 「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」の各項目をクリックするとその項目のグラフが表示されます。 参考:(英語) URL検査ツールの使い方 URL検査ツールは、サーチコンソールの画面上部にあるテキストボックスに、検査したいURLを入力してEnterを押します。 このようにすると有益性が高まり検索順位も上がるのでイベントやお店を運営される場合は取り入れてみてください。 これで設置は完了です 先ほどの画面に戻って「確認」をクリックしてください このように「所有権が確認されました」と表示されれば設置完了です お疲れ様でした. サーチコンソールのトップページへアクセスする まずは、にアクセスしてください。 上の画像では、あるページにnoindexが付いていることがわかります。

Next

【2020年】Google Search Consoleの登録・設定方法と使い方を解説

参考: それでもサイト分析にハードルを感じる方へ【無料でサイト診断します】 お申込みいただいた全ての方の Webサイトの状況を無料で診断いたします。 そして、 SEOに取組む上では絶対に外せない、超重要なツールでもあります。 表示回数:検索ユーザーの検索結果に表示された回数• URL検査ツールの使い方 トップ画面は下記のとおりです。 なので、早く検索エンジン上に表示されるために、こちらから親切にインデックスを促すよう「URL検査」を行います。 そうすると下のような画面に移ります。 1位じゃないなら、1位を目指してリライトしていく気持ちは大事です。

Next

サーチコンソールの使い方と登録方法

リスト上部にある「最新のリンクをダウンロード」をクリックすると、全リストがダウンロードできます。 小さな青い「追加」というボタンをクリックし、Search Consoleの「Google アナリティクスで Search Console のデータを使用する」というページに移動します。 簡単に言うと、サイト改善に役立つデータが取得・確認出来るツールですね。 「リンク」で外部リンク数やリンク元を見ることが出来るので分析にも役立ちます。 今大事なのは、上位表示している記事は、 どんな検索意図に答えている記事なのか、そしてどんな解決方法を提示しているのか。 手順2. グラフ表示エリアの下に検索キーワードが表示されます。 早速、連携方法についてご紹介します。

Next

Googleサーチコンソールの使い方と分析法【アナリティクスとの違い】

連携によって、よりサーチコンソールとGoogleアナリティクスの統合を進め、1つのレポートで両方の指標を同時に見ることができるようになります。 「Search Consoleのデータの共有の設定」をクリックして、プロパティ設定の「Search Consoleを調整」から連携を行ってください。 公開直後のサイトや更新したばかりの記事が、どのキーワードでもヒットしないのは、インデックスがまだされていないからです。 ある程度記事が増えてからサーチコンソールとアナリティクスを駆使し、改善案を練りだし実践していくというわけです。 一番下にある「 設定を更新」をクリックします。

Next

たったこれだけ!新しいGoogleサーチコンソールの使い方|クロネのブログ講座

twitterでは 「サチコ」「サチコちゃん」と呼んでいる方もいます。 サイトへのGooglebotクロール申請 サイトにページを追加したり、内容を更新しても、新しいコンテンツにGooglebotと呼ばれるクローラがやって来てくれないかぎり、検索結果には反映されません。 合計クリック数• 74% 10位: 1. 表示回数• ショックなことに、読み込みに3秒以上かかるとアクセス者の53%が閲覧を止めてしまうという。 しかし、アナリティクスは設定していても、このサーチコンソールは何ができるのかよくわからない…といった理由から使っていない方も多いのではないでしょうか? サーチコンソールでは検索結果の表示回数やそのクリック数や率といったアナリティクスとは異なる数字を知ることができるため、 SEO対策を行うためには必須となるツールのひとつです。 検索結果に表示されたときのクリック率が分かる• 平均CTRとは? CTRとは「Click Through Rate」の略です。 検索クエリは、検索に使われたキーワードのことです。

Next

Googleサーチコンソールの使い方と分析法【アナリティクスとの違い】

以前のサーチコンソールはベータ版で、2018年に新たに正規版がリリースされました。 「カバレッジ」に表示されている原因を確認して、改善できる点があれば改善しましょう。 画面を見ると、以前と比較して深い緑の帯が印象的です。 Googleからのメッセージ確認 サーチコンソールにあなたのサイトを登録しておくと、サーチコンソールが自動検知したあなたのサイトの問題などに関する重要なメッセージを受信することができます。 サーチコンソールを使って主に分かるのは以下の3つ。

Next