スラムダンク 山王戦後。 スラムダンクの続きが明らかに!【インターハイ・その後】

SLAM DUNK(スラムダンク)山王戦・決着 31巻の感想やレビュー

最初にこの巻を、スラムダンクを読み終えた時は 放心状態に近い感じになったのを覚えています。 湯船(ゆふね) 背番号8。 湘北対海南戦を観戦した際、流川のプレイに脱帽した新入生に流川のことを語り、彼への声援を送った。 そして、序盤戦で星を落として休場していく。 我々は今、延々と愛和学院戦を見せられているのだ。 期末テストの結果は柔道部でただ一人、赤点4つ以上となり、後の追試では花道同様にギリギリで合格した。 控え選手。

Next

『SLAM DUNK(スラムダンク)』地を這うものに翼はいらぬ。未熟のリーダー、湘北バスケ部主将・赤木剛憲

スラムダンクの最後のセリフがジャンプとコミックでは違う? スラムダンクの最後のセリフがジャンプとコミックでは違う事をご存知ですか? では一体どう違うのかご紹介していきます。 花道によくちょっかいを出し、頭突きを食らうが、試合では最も花道を応援する人物。 主将は赤木や木暮と中学時代の同期で監督も安西の教え子。 翔陽戦ではダンクする赤木を見て「本当に17歳ですかあなたは?」と発言した。 氏名はゲーム『』より。 きれいで柔らかなシュートは彩子が鳥肌を立てるほどで、作中サブタイトルでも「」と表現されている。

Next

『SLAM DUNK(スラムダンク)』地を這うものに翼はいらぬ。未熟のリーダー、湘北バスケ部主将・赤木剛憲

台詞はドンドンなくなり、堂本監督が深津のゲームメイクに託す部分の ナレーションを最後に無音になる演出が特に。 アニメでは、逆転狙いの3Pシュートを放つものの外れてしまい、その直後に試合が終了した。 山本(やまもと) 背番号12。 「桜木君、時間よ。 そのボールを宮城が拾い、流川と速攻をかけようとするも 深津と河田が素早くディフェンスに戻ります。 また「本当に注意せなアカンのはここやで」と彦一に言わしめた 大栄学園。

Next

スラムダンク、山王戦のMVPといえば??(画像あり)

それが湘北というスター軍団の危うさであり、魅力的ではありつつもアンバランスさが同居するチームだったのだと思います。 「稀勢の里はもう元の相撲が戻ることはなかった。 個性が強く問題児が多いが、この中の誰一人欠けても全国大会への出場は叶わなかっただろう。 花道の実力を認めたがらないものの、湘北対山王戦で花道が交代出場すると面白くなさそうな素振りを見せるなど、花道にはライバル意識に近い感情を持っている様子。 控え選手。 14 超高校級! 北野(きたの) 豊玉高校バスケ部の前監督で、南と岸本の恩師。

Next

SLAM DUNKの登場人物

バスケ部を引退する際、途中で涙を流して話を続けられなくなった魚住に代わりあっさりと答辞を述べた。 弥生に「とんでもない逸材」と評価されるほどの優れた素質を持ち、1年にして海南のスタメンの座を射止める。 前年度のインターハイでは応援席にいる立場となったが、高頭による宣告を受けた日から練習後に500本のアウトサイドシュートを放つシューティング練習を毎日欠かさず続け、シューターとしての才能を開花し海南のスタメンの座を射止める。 その後は同級生の赤木、木暮の大きな活躍に感慨深げな表情を浮かべていた。 この言葉に花道は負傷に気付かれていると知って危機感を抱いた。 原作では名無しだったが、アニメではフルネーム付きで再登場。 「赤木晴子です。

Next

妄想#1 激闘のアト

その後、入部当時は挫折しかかっていた魚住を励まして説得し、神奈川トップクラスのセンターに、またひとりのスコアラーに過ぎなかった仙道を一流のオールラウンダーにそれぞれ成長させた。 御子柴(みこしば) 声 - 背番号4。 高さで湘北高校は不利です。 所々でバスケ用語の解説やルール説明などの役割を担当。 監督 声 - 湘北対山王工業戦では予想外の猛追を見せた湘北を「3年間誰も果たせなかった打倒山王を一瞬でも果たせるかと思わせただけでも拍手を送りたい」と評すも沢北を倒さずに打倒山王はなく、それが出来るの唯一の選手は諸星だと語った。

Next

妄想#1 激闘のアト

彼が一人一人頑張れと念じ、最後の 頑張れ赤木と念じた時、 赤木が遂に河田をブロックします。 担当教科は原作では不明だが、アニメではIである。 徳田(とくだ) 声 - 小野坂昌也 3年。 その影響を受けてアニメが中途半端な形で打ち切りになってしまったんですね。 津久武高校 [ ] 湘北がインターハイ予選4回戦で戦った高校。 を生やしており、鉄男には「ヒゲ」呼ばわりされた。

Next

SLAM DUNKの登場人物

しかし、試合は最終スコア81対120の大敗を喫し、選手たちに「来年また出直しだ」と言って諦めるような態度を見せた。 花道自身も内心は彼女らを嫌っているが、女性なので敬語を用いて話している。 神奈川では上位に位置付けられる強豪校だが、全国大会への出場経験はない。 花道絶好調! よく考えてくださいよ。 その実力は全日本センターの杉山に高3の現時点でも大学バスケのセンターでベスト3には入ると評されたほど。 「下手くその 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目」 安西先生の言葉の説得力よ。 文化部の楽しさ、ってのは確かにわかりますわ。

Next