九州 産廃。 許可品目一覧

産廃業はヤクザが関わってるって本当?

掲載している名簿の中には更新申請中の産廃処理業者もあります。 そのような場合、原則として、福岡県内で発生した産廃が受入対象となっており、九州外に由来するゴミに関しては受け入れできない。 8810071112 産廃処分許可番号 大分市長許可番号 No. 反社会的勢力が1人でも役員株主の中に含まれていれば、その申請は必ず不許可になります。 2008年に産廃業許可申請専門に転向するまで、 行政書士キャリアの前半を風俗営業の世界で過ごしました。 他県においては、自治体との事前協議を経て、はじめて受け入れを可能にしているのが現状で、その多くが福岡から搬入されている。

Next

許可品目一覧

4402071112 福岡県許可番号 No. 九州に進出した事例を調査してみると、確かにその例は多い。 1人2人じゃありません。 そのため、チェックの厳しい自治体では1次マニフェスト(排出事業者から中間処理場)の確認を行うようになっている。 そのような企業の中に反社会的勢力があるということは、普通は考えられません。 産業廃棄物の区分 廃掃法では一般廃棄物と産業廃棄物に区分しており、産業廃棄物以外はすべて一般廃棄物です。

Next

株式会社イマナガ|福岡県北九州の産業廃棄物収集運搬・リサイクル処理業

ぜひ一度、中間処理場の見学でもしていただければ、 この仕事の価値がご理解いただけるのではないかと私は思っています。 輸送費を上乗せしても、地元よりも安くなる。 ご契約について お見積もりをさせていただきますので、お問い合わせください。 【産業廃棄物】 処分の方法 廃棄物の種類 汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。 当該事業者についても廃棄物処理法第14条第3項又は同条第8項の規定により、業を行うことができます。 実際のところ、産廃処理業者のほとんどは、決して怖いところではなく、 会社の事務所も、ゴミを扱う会社だからこそ綺麗にしていたりします。 関東以西の産廃業者が様々な理由で、中間処理場、最終処分場の運営会社を傘下に収めるケースが増えているという。

Next

許可品目一覧

福岡の中間処理施設は県外自治体と事前協議したうえで、持ち込んでいるので、問題ないと思われがちだ。 正確にいうと、「マニフェスト飛ばし」というらしい。 」 解釈としては売れるか(有価物)、あるいはお金を払わないと引き取ってもらえないか(廃棄物)で判断するのが一般的です。 だからこわい」などという不安を抱かずに、 産廃業の世界に入ってきました。 当該事業者についても廃棄物処理法第14条の4第3項又は同条第8項の規定により、業を行うことができます。 総合判断説 「廃棄物とは占有者自ら使わなくなったり、他人に有償で売却できなくなった固形状または液状のものをいい、これらに該当するか否かは、そのものの性状、排出の状況、通常の取り扱い形態、取引価値の有無及び占有者の意思等を総合的に勘案して判断すべきものであること。

Next

産廃・リサイクルは大分県の有限会社九州クリーンサービス

これまでに軽く10人以上の方に、同じ質問をされました。 ですので、「産廃業=ヤクザ。 この許可を取得するに先立って、会社の役員、株主等の住民票を必ず提出することになります。 むしろ、廃棄物処理業許可を取得している業者というのは、 役員や株主に反社会的勢力が含まれていないことの証明になるものです。 風俗営業の世界がどうだったかをここに書くつもりはありませんが、 産廃業の世界は、決して暴力団が幅を利かせているような世界ではありません。 この記事を読んだという業界関係者から、さらなる情報提供があったので紹介する。 処理が必要な場合は、中間処理施設を経由して、最終処分場にもち込まれているという。

Next

県外資本が進出する九州産廃業界:【公式】データ・マックス NETIB

また、同社の埋立処分場跡地には菜の花畑が広がっており、C02を吸収するだけでなく食用油として使われた後は廃食油をBDFとして利用できるシステムを構築、循環型社会へ向けた取り組みが進められている。 神奈川県のT社は福岡県内に中間処理場運営のT社を設立し、開業をはたしている。 つまり、役員株主にヤクザがいる企業は、そもそも産業廃棄物処理業の許可を取得できないのです。 しかしこの場合、産廃の出どころが福岡ではないため、本来は受け入れができないはずだが、廃棄物には名前がないことから、「福岡産」としてまかり通っているのだ。 京都市のG社は大分市内の処分場を買収し、O社として運営中。 また、そうした一連の流れをすべて国内で循環させて資源や労働の海外流出を防ぎ、日本経済の活性化につなげていく考えを示している。 ) 脱水 汚泥 中和 廃酸、廃アルカリ 固液分離 廃油(シリコンスラッジ、微粉体を含むものに限る。

Next

許可品目一覧

マニフェストは排出事業者が収集運搬業者や中間処理業者などに対して発行する法的に義務付けられた管理伝票で、持ち込まれる産廃の形状や荷姿、量、排出事業者、日付などが記載される。 住民票には、暴力団員であるかどうかは一切書かれていませんが、 許可申請を受理した自治体は、その住民票の人間には、 犯歴はないかと反社会的勢力ではないか、 その都度データベースで調べているのです。 最終処分場の受け入れ基準もまちまちだ。 掲載している名簿の中には更新申請中の産廃処理業者もあります。 関西から、福岡の中間処理場にもち込まれ、宮崎に搬入されるというコースを例に挙げてみよう。

Next