ステレオ の 対義語。 対義語検索

Panの設定とステレオの広げ方について

ステロ版および金太郎飴な世界把握はステロ版由来であり、他の意味・用法 立体系 は立体鏡あたりが起源っぽい。 すべての情報源• 固定的で新鮮味のない考えにも使う 固定観念・型通りのイメージといった意味の「ステレオタイプ」は、すでに完成したもので新鮮味がない、というような意味合いでも使用されます。 ものフォニックとモノラルの違いはスピーカーがイヤホンかというだけでした。 日本語WordNet 11• com. Weblio英語基本例文集 1• もとは一つの言葉だったのが「固い」と「立体」に分岐して、前者から「」、後者から音響装置の「ステレオ」が生まれたってことか。 もう一つは、スコープ 立体鏡 付近。 それよりも、立体(音声)のステレオと「」のステレオの「語源に繋がりはない」というくだりに反応してネット検索をかけてしまった。 モノラルの音は長時間聴いてもあまり耳が疲れないとも言われます。

Next

索引「す」76ページ目

アンバランスにならない為にも加減が重要になってきます。 営業職は飲み会が多い といったものが挙げられます。 下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。 例えば、アナログのレコードなどを聴くとき。 05 音楽をイヤフォンやヘッドフォン等のステレオ環境で聞くのが当たり前になっている中で、ステレオ感というのはとても重要になっています。 おすすめ記事:. 1 転職サイト選びは慎重におこなう これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。 京都を拠点とする日本の劇団。

Next

Panの設定とステレオの広げ方について

EDR日英対訳辞書 27• は異常な知識・技術力と研究意欲と功名心を持つ一方で、一般的なや、を欠くか無視しており、精神的には不安定。 ステレオタイプについて、例文も含め説明してきましたがいかがでしたでしょうか? 自分には、ステレオタイプが存在していると自覚された方もおられるのではないでしょうか。 「〇〇のパイオニア」という表現を聞いたことのある方もいるかもしれません。 日本語で同様の表現を示すなら、「判で押したように」「紋切型の」がほぼ同様の用語である。 「偏見」との違いはマイナスイメージと主観 「ステレオタイプ」と似た意味の言葉に、「偏見」があります。 ここでは、より具体的な事例で「パイオニア」が使われているものごとをご紹介していきます。 「ステレオタイプ」の具体例 社会に広く浸透している固定観念という意味の「ステレオタイプ」。

Next

ステレオタイプの意味や使い方とは?類義語や対義語も知っておこう!

対義語は「破損」 「オーバーホール」の対義語となる正式な言葉はありませんが、オーバーホールを「修理」と解釈すれば「破損」が最も近い言葉であると考えられます。 (の)をするので精神が安定している。 ステレオは音声を 2つ以上のマイクで録音する方法、あるいは 2つ以上のスピーカーから再生する方法のことをいいます。 「ステレオタイプな人」の特徴をまとめました。 英語の「stereotype」は日本語で使われている「ステレオタイプ」と相違なく、定型・典型・決まり文句などといった意味で使用されています。 もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。 っていうのは分子の的構成を研究するなんだって。

Next

【例文あり】パイオニアの意味とは?類語・対義語・使い方を解説!

誰かにクイズでも出すときに使ってみて下さい。 <職場で使う時>• 官公庁発表資料• 2008年10月6日閲覧。 それが転じて、英語で「pioneer」になったと言われています。 ただし一[…]• 経済産業省 2• 「このメカの中には立体 solid figures が表現されるのだから、私はこれを立体鏡 stereoscope と名付けようと思う」 立体鏡というのはみたいな形をしたメカで、右目と左目で微妙に違う絵・写真を見せることによって、立体を見ることを可能にするものらしい。 特に、米国開拓時代の開拓地と未開拓地との境界地域。 (主として郡部を指す) - 地味。

Next

「ステレオタイプ」の意味とは?使い方を例文とともに解説

「ステレオタイプ」が必ずしも悪いというわけではありませんが、中には差別や偏見へとつながるものもあります。 で、ステレオはステレオフォニックの略語である、つまりステレオ=ステレオフォニックであるが、モノラルとモノフォニックは別物であるということ。 「ステレオタイプな人」の特徴とは? 「ステレオタイプ」という言葉を使い、「ステレオタイプな人」という表現をすることがあります。 手先が器用で物作りが得意。 Wheatstoneの頃は写真がなかったが、写真技術が発達するとも普及し、「・スコープ」という名称でを見るための道具が市場に出回るようになった(20世紀初頭)。 「偏見」とは文字通り、偏ったものの見方のことで、とりわけ、好意的ではない先入観・判断を指します。

Next