さとりーぬ 小説。 すとぷりbl

すtprのBL小説

」 R「してないしてないwww」 俺と莉犬は電車の改札口をくぐる。 」 S「いーや、今初めて聞いたぞ。 」 R「……。 Official 公式ブログ lineblog. noicomi vol. っていうか、ころちゃん彼氏いるくせに浮気だなんて… おれさとみくんに愛想つかされたのかな。 4月21日 1時 id: - 良いねぇ〜ジェルなな。

Next

女性に人気の小説を読むなら ベリーズカフェ

寝るか。 5Dのオトナたち その1~2. 完結作品速報 長編作品• S「ってゆーか、買ってくるものおかしいだろ。 」 S「やだよ、クソさみぃのに。 私的にはそれを言ってくる人はKーPOPとかを好きだったりと誰かのファンじゃん。 」 り「そっか。 「立体感スゴ過ぎる! さ「はーい 今、行きます!」 ガチャ あれ??誰もいない?? って何この箱?? 俺宛だよな。 」 俺は確認のために手に持ってるレジ袋を見る。

Next

受け組は色々と大変なようで[すとぷり][続編]

さ「けど、俺今日が誕生日だって言ってないのに 知ってたの??」 莉「彼氏の誕生日くらい覚えてるよ!!」 嬉しい。 」みたいに直接言われたりします。 さとりーぬ おしおき• 」 S「5個もか?」 R「いろんなとこ縛るんじゃねぇの。 しかし、人には隠していて、あまりバレないように陽キャになっていたのですが、歌い 手というのに興味を持ち出してすとぷりを好きになってから、隠すことをやめました。 ごめんね、大丈夫?」 可哀想という感情と共に、挿れたいという感情も湧いてきたが、さすがに休ませようとおもいローターを弱にする そう思ったのだが、 「もうむり、っ…はやくいれて?」 ここで俺の理性の糸がぶちっと切れる音が確かにした 「なに、まだいけるの?俺容赦しないけど、」 「いい、いいから、っ…、〜〜〜っ!!あ、ぁ」 素早くローターを抜き、ぐ、っと中に入れた 「うわ…中あっつ…」 「あ、あ!ぁ、うぁっ…ひ、ん…」 待ってましたかのようにすぐに受け入れ、奥がきゅうきゅうと痛いくらいに締め付けられる 「さとみく、…っう…さみしかった、あっ!」 「ごめんね、今はおれがいるから」 素直な莉犬に驚きつつも、初めて言われた言葉で、顔が熱くなるのがわかった 「りーぬ、すきだよ」 「ん、うぅ、ん、〜!!ん、ぁ…」 耳元で すき と言われイった莉犬の締め付けで俺も共に達した 莉犬side 体を起こした途端、腰が痛くてがくっとそのままベットから落ちてしまった いやもう痛いレベルの痛いじゃない ? 「…すごい音したけど大丈夫??」 「大丈夫じゃない…」 そういってドアからさとみくんがひょっこりと覗く 「あなた様のせいで腰が痛いのですが」 「ごめんて〜、でも気持ちよそうだったからいいじゃん」 「3時間も放置とかしんじらんない…」 「こんどドックフード買ってあげるから許して〜〜!」 「いらない」 「…りーぬ」 「なに?」 「 すきだよ 」 「〜〜〜!//そーゆーとこほんときらい!」 「ほんとは?」 「すきだよばか…」 「へへ」 結局はらぶらぶなさとりーぬです。 S「……なんで手錠?」 R「るぅとくんにでもつかうんじゃないの。 さとりーぬ2• さ「で、あの、、、プレゼントとかある??」 自分から言ったらうざいかな 莉「持ってるよ!!目つぶってくれる??」 さ「わかった」 --3分後-- さ「まだ??」 莉「もういいよ!」 えっ!! さ「あっえ、、、???」 まって えっどうしたん?? 莉「さとみくんへの誕生日プレゼントは俺だよ!!」 莉犬くん 全裸で生クリームって えぇ〜これてよく同人誌であるやつじゃん 莉「食べてくれるよね?」 さ「あっうん」 この後は皆さんのご想像にお任せします。

Next

電車の中は さとりーぬ

」 そう言って俺と目を合わそうとしない莉犬。 」 R「…ッチ。 ぬくぬくとしてたってのに。 今までこんなことなかったのに…!! まさか…浮気…? さとみくんに限ってそんなわけ…! ない…よね…? り「さとみくーん!今日遊ぼ?」 さ「悪い。 めるも 2. 俺今日ころんと動画撮影してくるから。 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - るぅと受けが見たいです! 7月15日 19時 id: - 応援してますっっ!!!!!!! 6月5日 11時 id: - あ、関係ないけど… 200票目貰いました!更新頑張ってください! 4月29日 23時 id: - すごく好きだけど...るぅとくんのセリフが「無料」になってます! 今回はさとみくんの誕生日なんでさとりーぬのBL書こうと思います。 さとみside 帰ってくると、とろとろの顔をした莉犬がいまにもトびそうな様子でいた 足掻いたためたか、シーツがぐしゃぐしゃになっていて、 大量の精液がシミを作っている 服ははだけ、なんとも欲情を駆られた 「りいぬ?」 「は、は、ぁ、さとみく、ん…?」 「ただいま。

Next

電車の中は さとりーぬ

すとぷりなーです。 」 R「まってまってまってwww」 まぁ行くけどさ。 27では、新連載!『書けないこととか、いけないこととか』… 猫かぶり姫はスキだらけ 1巻 【完璧(?)女子高生のすれ違い青春ラブ! 夜には帰ってく る」 り「行ってらっしゃい…」 こんなの絶対おかしい…! 絶対秘密突き止めてやる…! ころちゃんばっかりずるいよ… まずは、ころちゃんに聞くべきだよね。 --2月24日0時00分-- ピンポーンピンポーンピンポーン こんな時間に誰だよ。 本題に入ります。 さとりーぬ 嫉妬• じゃ、じゃあ明日は?」 さ「明日はころんと1日出掛けてくるから」 り「なんで最近ころちゃんを優先するの…、?」 さ「そりゃ、ころんは俺にとって大切な存在だからな! 最優先にするのは当たり前だろ?」 り「そう…」 さ「約束の時間に送れるからもう行くわ。

Next

受け組は色々と大変なようで[すとぷり][続編]

この話マジすこ。 じゃんけん負けたのこいつだからな。 きっと莉犬がけったんだろう。 さとりーぬ尊すぎる... S「あ、俺トイレ。 おれにはさとみっていう彼氏がいるんだけどね、、 ここ最近変なんだ… ころちゃんとばっかり遊ぶし、話しかけても塩対応。 もう大好きすぎる…! 笑 ジェルなな増やして……。 俺には構ってくれないくせに、るぅとばっかと遊んでるみたいだ。

Next

電車の中は さとりーぬ

部屋で見てみるか! さ「よいっしょっと っておもっ!!」 なんとか部屋まで持ってきたけど、誰が持ってきてくれたんだろうな?? まぁいい、開けるか! ビリビリビリ 莉「わぁ!!」 さ「うぁ!!っえ莉犬??どうしたん箱なんかから出てきて えっと、、、」 やばいめっちゃ混乱してる 莉「今日がさとみくんの誕生日でしょ!!1番にお祝いしたくて!」 知っててくれたんだ。 と思うのですが、その人たちと私のような人達の違いはなんですか?また、なぜ、私のように歌い手が好きな人やアニメなどが好きな人は裏口を叩かれるのですか?教えて頂けたら嬉しいです。 」 ……考えないでおこう。 すると、いじめられることは無いのですが、裏で「オタクとか笑笑」みたいな感じに言われていたり、「オタクやったの?ヤバっ。 」 数十分前まではあったかーい、ころんの部屋にいたのに。 ごめんね、大丈夫?」 可哀想という感情と共に、挿れたいという感情も湧いてきたが、さすがに休ませようとおもいローターを弱にする そう思ったのだが、 「もうむり、っ…はやくいれて?」 ここで俺の理性の糸がぶちっと切れる音が確かにした 「なに、まだいけるの?俺容赦しないけど、」 「いい、いいから、っ…、〜〜〜っ!!あ、ぁ」 素早くローターを抜き、ぐ、っと中に入れた 「うわ…中あっつ…」 「あ、あ!ぁ、うぁっ…ひ、ん…」 待ってましたかのようにすぐに受け入れ、奥がきゅうきゅうと痛いくらいに締め付けられる 「さとみく、…っう…さみしかった、あっ!」 「ごめんね、今はおれがいるから」 素直な莉犬に驚きつつも、初めて言われた言葉で、顔が熱くなるのがわかった 「りーぬ、すきだよ」 「ん、うぅ、ん、〜!!ん、ぁ…」 耳元で すき と言われイった莉犬の締め付けで俺も共に達した 莉犬side 体を起こした途端、腰が痛くてがくっとそのままベットから落ちてしまった いやもう痛いレベルの痛いじゃない ? 「…すごい音したけど大丈夫??」 「大丈夫じゃない…」 そういってドアからさとみくんがひょっこりと覗く 「あなた様のせいで腰が痛いのですが」 「ごめんて〜、でも気持ちよそうだったからいいじゃん」 「3時間も放置とかしんじらんない…」 「こんどドックフード買ってあげるから許して〜〜!」 「いらない」 「…りーぬ」 「なに?」 「 すきだよ 」 「〜〜〜!//そーゆーとこほんときらい!」 「ほんとは?」 「すきだよばか…」 「へへ」 結局はらぶらぶなさとりーぬです。

Next