万歳 ここ は 愛 の 道。 万歳!ここは愛の道 : 作品情報

活弁シネマ倶楽部

僕の周囲に記憶を失った人がいないもので 都合よく物事を忘れる人はいます 、その心理的メカニズムに肉薄してくれたらうれしいなと思っていたのですが、とんでも発奮、転んで三分、だらだらとプライベート映像を羅列するだけでした。 2014年• なかなかの御落胆のご様子に、自主映画出身の我が身として、一言申し伝えようかと思ったのですが何を書いても差し障りが有りそうなので、止めておきました。 2009年• 僕が最も気になったのは、「チョンティチャ」にもクレジットされていた福田監督の先輩・井樫彩監督からの伝言です。 他人がどのような暮らしをしようと僕は文句を言いません。 彼はそれを隠し続けていた。

Next

映画 公開予定 万歳!ここは愛の道

石井監督はそんな彼女の姿をカメラに収め続けていたが、関係が悪化するにつれてカメラを回さなくなっていく。 彼女一人のためにつくれば、絶対に人に伝わると思った。 2019年製作/日本 スタッフ・キャスト. そんな「田辺弁慶映画祭」に先駆けてテアトル新宿で行われる 「田辺弁慶映画祭セレクション2019」の情報もお届け! 若手気鋭監督たちからのメッセージもご紹介します。 映画を残すっていうのは俺たちにしかできないことだなと思って。 しかし映画で描くとなると、いかなる批判にも耐えなさい。 田辺弁慶映画祭の2018年度の優秀作品をセレクトして、テアトル新宿で上映するというシリーズです。

Next

映画制作科の卒業制作『チョンティチャ』『すばらしき世界』がテアトル新宿で上映!|学校法人東放学園

本作は、田辺・弁慶映画祭でキネマイスター賞・男優賞をはじめとする数々の賞を手にした石井達也監督(『すばらしき世界』)の最新作で、記憶を失った恋人の姿を通して真実の愛を追求したセルフドキュメンタリー。 こりゃ、ひとつでも席を埋めてあげなくちゃなるめえと、台風の余波による豪雨予報をものともせず出かけました。 2013年• 2011年• 2015年• おすすめポイント: 月額562円 税抜 で映画やドラマ・アニメを好きな時に好きなだけみることができます。 10月• 本作品は、石井達也監督が、記憶を失った恋人の姿を通して真実の愛を追求したセルフドキュメンタリー映画です。 とりあえずお友達のYAS.さんがつきあってくださったので心強い。

Next

生きてるだけで、愛。

その他の作品に、大ヒットシリーズの三連作『リアル鬼ごっこ3 ・4・5』(12)、『劇場版零~ゼロ~』(14/ストックホルム国際映画祭出品)、『鬼談百景』(15/「影男」「尾けてくる」)、『氷菓』(17/富川国際ファンタスティック映画祭出品)など。 田辺・弁慶映画祭の入賞作品を特集する「田辺・弁慶映画祭セレクション2019」(19年6月~、東京・テアトル新宿/7月~、大阪・シネ・リーブル梅田)上映作品。 それは、フィクション、ノンフィクションではなく、事実です。 それが宿命です。 1976年生まれ、沖縄県出身。 いいなぁ、津奈木、私と別れられて。 」とコメントし、試写会も行わなかったという。

Next

万歳!ここは愛の道

」と話すと、石井監督は少し口調を強めて「大丈夫だって言ってやりたかったんですよね。 出演は福田芽衣、『あみこ』(2018年)、『21世紀の女の子』(2019年)の大下ヒロト、『神と人との間』(2018年)、『みつこと宇宙こぶ』(2018年)、『ウルフなシッシー』(2018年)、『アストラル・アブノーマル鈴木さん』(2019年)の根矢涼香、『傀儡』(2018年)、『日本製造 メイド・イン・ジャパン』(2019年)、『Short Trial Project 2018』(2019年)の伊藤慶徳、小関翔太です。 ここ数年の僕は自主映画をいろいろ見ています。 」と純粋な気持ちを語っている。 記憶を失った恋人の姿を通して真実の愛を追求した石井監督自身のセルフドキュメンタリー。 そしてこの映画で取り上げられた福田芽衣監督には大きな期待を寄せています。

Next

万歳!ここは愛の道

いずれかの機会にお伝え出来ればいいなあ、と思います 笑• 月イチ映画祭で「チョンティチャ」という優れた作品を見て気に入った福田芽衣監督が、実際に2年間の記憶を失ってしまったと聞き、月イチ映画祭で僕があれだけ熱っぽく褒めたたえた事実も忘れ去られたのかとがっかりしました。 記憶をなくした期間っていうのは彼との生活にまつわるというか、いろんな事件があったから記憶をなくしている。 本校の映画制作科からは、弁慶グランプリを受賞した2016年度卒業制作『チョンティチャ』(監督・脚本:福田芽衣)とキネマイスター賞を受賞した2017年度卒業制作『すばらしき世界』(監督・脚本:石井達也)がラインナップ! また、福田芽衣監督の新作『90分バスロマンス序章』、石井達也監督の新作『万歳!ここは愛の道』(プロデュース・出演:福田芽衣)も特別上映が決定しました。 と言い続けただけ。 バカも休み休みイエ〜イってやつですわ。 二人出会いを育む あるいはケンカして決裂する 生活を具体的にお過ごしください。

Next