アフター コロナ 銘柄。 【アフターコロナの株式投資】5G関連の注目「4分野」と各分野のおすすめ「2銘柄」(マネーの達人)

コロナ暴落相場のいまこそ「仕込むべき、避けたい」銘柄全実名! 優良株がバーゲンセールに

例えば、外食関連やレジャー関連、化粧品関連などです。 アイコム は、無線機器をグローバルに展開しており、GPSレシーバー内蔵トランシーバー、GPS情報表示ソフトウェアなどを手掛けている。 飲食やイベントでも利用できるようにする。 さすがに再びロックダウンを行うことはないだろうと希望を込めて願っていますが、第二波襲来となれば経済活動への影響は免れないことでしょう。 株価が安い要因はもちろん存在し、それは業績悪化や不祥事だったりします。 注目4:コロナで大きく売り込まれた銘柄 コロナ後の相場で注目したい銘柄として、新型コロナウイルスの影響を直接のダメージとして受けたために業績悪化懸念から大きく売り込まれ、株価を下げた銘柄も挙げたいと思います。 既に国際連合食糧農業機関(FAO)、世界保健機関(WHO)、世界貿易機関(WTO)の国連3機関が警鐘を鳴らしており、食料を輸入に依存する国の懸念材料となっている。

Next

アフターコロナの相場で私が注目する銘柄・無視する銘柄

また、期初の通期見通しを期中に幾度も上方修正するパターンを過去に繰り返している企業は、弱気な見通しを発表する傾向がある企業といえます。 ファンドマネージャーが、リーマンショック含む過去16年で資産10倍という抜群の運用実績を誇る!• 決算相場までいけるかなあ…あるとしても、思惑相場で終わりそう。 は抑えておきましょう。 また、直近3か月(第4四半期)の営業利益率も、前年同期17. サブスクリプションビジネスは、中長期での企業戦略である為、新型コロナによる影響は限定的との見方もあり、チャート 週足 は、底値で反発すると、上値抵抗線であった13週線を上抜いてきています。 キャッシュレス決済大手!【3769】GMOペイメントゲートウェイ GMOグループのカード決済代行会社である【3769】GMOペイメントゲートウェイは、「電子決済の利用」が推奨されるアフターコロナ関連銘柄として注目されます。

Next

コロナ暴落相場のいまこそ「仕込むべき、避けたい」銘柄全実名! 優良株がバーゲンセールに

また、上場支援や中堅・中小経営者向けのプラットフォーム運営もしています。 要注目です。 そのため、5Gが今後は伸びて行くのでは?と期待されているのです。 その他の5G関連銘柄 その他の5G関連銘柄としては以下のようなものがあります。 日本語変換や法人向けソフト等を展開し、 キーエンス<6861>と資本提携しています。 最近ではブレインパッド、ロゼッタ、ユーザーローカル、日本サード・パーティ、メンバーズ、シグマクシス、FRONTEOなどが断続的に買いを集めておりマークしておきたい。 宜しければご参照下さい。

Next

アフター“コロナ”と食料争奪戦の世界、急浮上「農業関連株」を追う <株探トップ特集>

世界各国でロックダウン(都市封鎖)が解除され、日本においても緊急事態宣言の全面解除により、経済活動再開への期待が高まっている。 新型コロナの外出自粛を受けEコマース需要は世界的に急増。 中国で5G通信網の構築が遅れたのは、コロナウイルス発祥の地である武漢に光ファイバーの国内最大の製造拠点があったためだと言われています。 なお、新型コロナウイルス感染症対策テックチーム事務局における接触確認アプリの目的としては、スマートフォンを活用して、(1)自らの行動変容を確認できる、(2)自分が感染者と分かったときに、プライバシー保護と本人同意を前提に、濃厚接触者に通知し、濃厚接触者自ら国の新型コロナウイルス感染者等把握・管理支援システム(仮称)に登録できるようにすることで、健康観察への円滑な移行なども期待できるとしている。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。

Next

アフターコロナの世界に注目が集まる銘柄は?

オプティム もスマート農業に注力する企業のひとつ。 ピックアップにあたっては、 元銀行員として培った企業デューデリジェンスのスキルを活用しています。 このほか、農業事業の経営相談や事業設計・計画のサポートなどの総合コンサルティングも手掛けている。 渋谷では多い日に比べて、人の数が 7割近く減少するなど、都心部を中心に人出は大きく減少。 売電事業により安定収益を稼ぎつつ、多角化事業における新たな収益の柱を獲得することが期待されます。 コロナ思惑で株価急騰。

Next

個人投資家・有限亭玉介:アフターコロナの世界線でチェック中の銘柄【FISCOソーシャルレポーター】

では、アフターコロナを探るため、世界で最初に新型コロナウイルスの感染が拡大した中国・武漢市の封鎖が解除されたという報道から探ってみましょう。 ビーマップ [JQG]は、公衆無線LANを活用した位置情報配信システムやサービスを展開している。 2位 プロルート マイクロブラッドサイエンス MBS 社が有する血液検査等の器具の日本国外への提供に関する総代理店契約が締結となったことが4月15日に発表となったが、MBS社が有する採決デバイスが新型コロナウイルスの抗体検査の検査キットに実用化されるかも?といった思惑的な買いが向かってきている感じか。 世界的なテレワークの拡大で、パソコンや周辺機器の販売は好調です。 それに対して新興市場であるJASDAQが6社、マザーズが19社と新興市場銘柄の上昇が目立っている。

Next

マーケットは「アフターコロナ」に注目!大規模金融緩和であふれた資金はどこへ?|西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

世界は、新型コロナが存在しなかった頃に戻る事は、難しいと私は考えています。 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。 今後も、消費者に受け入れられる斬新な外食店の創出を期待しています。 チャート 日足 は、昨年末より25日線が上値抵抗線となりながら下落トレンドが続いておりましたが、コロナショックによる急落から底を打つと、反発トレンドも相まって、そこを上抜きました。 2020年3月期の経常利益は15. 低位株 ボロ株 のおすすめ投資手法「まとめ買いでの分散投資」 低位株を買う時に最もおすすめの手法は 分散投資です。 4月14日の決算は「今期経常は18%増益」とし、4月20日には同社のグループ会社がネオキャリアと共同開発した勤怠向けRPAサービスの提供を発表し、好感された模様です。 古野電気 は、など船舶用電子機器から、医療や情報通信分野に事業領域を拡大。

Next

【新型コロナウイルス】アフターコロナ7銘柄 半導体関連、緊急事態宣言解除で上昇|日刊ゲンダイDIGITAL

宿泊代の割引や地域の特産品の購入などに使える。 新型コロナの影響で、プロレスの興行やコンサートは中止となり、今後の業績を精査中ではありますが、オンラインゲーム等のデジタルIP事業の伸びにも、巣ごもりという思惑からも注目したいところです。 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス は、販売・接客・サービスの分野をワンストップで支援するサービスを展開。 初動の遅れで批判を浴びた習近平国家主席にとって、感染の再拡大を許せば、政治的に大きな打撃となりかねない。 上昇し過ぎた銘柄は下落幅も非常に大きくなるため、各銘柄の動き、出来高、実際の業績、注目された内容の進捗には注意を払ってほしい。

Next