レ ヴォーグ プロトタイプ。 レヴォーグ フルモデルチェンジ情報|2020年アイサイトver4と新型ターボエンジン搭載&予想内容あり

スバル・レヴォーグ

プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2016年4月11日 ,• それにレヴォーグの拡販を考えるなら、元々スバル車の人気が高いアメリカ市場に投入できるようなサイズにしなければなりません。 運転支援システム 新世代アイサイトが搭載されます。 ・駆動方式はAWD トランスミッションはCVTのみのラインナップでMTは設定されない。 レヴォーグのトランスミッションは全車CVTで、2. よって大型化は避けられないと思います。 基本的に国内専用車として開発された初代レヴォーグだが、欧州市場でも販売されている。

Next

【TMS2019現地詳報】次期型レヴォーグに搭載の新1.8Lターボはリーン燃焼。トルク重視で走りも燃費も爽快!

現行よりやや高くなるグレード別の価格と発売直後の値引き予想 についてまとめていきますのでお楽しみに。 掲載された写真にはSTIオーナメントがフロントグリルに見えるので、 上位グレードのレヴォーグで、 アンダースポイラー下には短いですがスキッドプレートが装着されている オプション設定なのかは不明。 WRXのVA系が発表される前のコンセプトデザインに採用されている様な切れのある綺麗なラインに光るヘッドライトイルミネーションが採用されると思われる。 また、2015年には「アドバンスドセイフティパッケージ」、2017年には「」といった機能を追加している。 ・搭載されるエンジンはFA18型では無く、 新開発1. 「スバル レヴォーグ カタログ」27および29ページ、2014年4月発行。

Next

新型レヴォーグ(2代目)1.8Lターボと新型アイサイト搭載

2018年4月27日 改良モデルを発表。 。 画像の出典: 群馬県で撮影されたというスパイショットです。 8リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジン 最高出力:200ps/6,000rpm 最大トルク:294Nm/1,500rpm~4,000rpm レギュラー仕様 WRXは2. フロントコンソール(ブラック)(レザー調素材巻+レッドステッチ)• 8Lターボを搭載する。 高剛性化と軽量化を両立し、動的質感を大きく向上したという。

Next

レヴォーグ フルモデルチェンジ情報|2020年アイサイトver4と新型ターボエンジン搭載&予想内容あり

1を誇るガリバーだけあって、膨大なデータから最高価格を算出することができるんですね。 0リッター水平対向DOHCターボエンジンは300psを発生するが、1. 0Lと1. なお、最小回転半径はレヴォーグの1. オーバーフェンダーなど、いくつかの変更箇所が確認できます。 参考になった人: 2人. (詳細は下記「年表」を参照) なお、レヴォーグは発売当初はであったが 、ステーションワゴンの需要が高い欧州市場にも投入することとなり、2015年3月に開催される第85回にて欧州仕様車を出展。 これらを総称して 「アイサイト・ツーリングアシスト」と呼びます。 これによって、 パワーユニットやステアリング、ダンパーの制御が変更できるようになり、様々な乗り心地をスイッチ一つで切り替えて体験することが可能になりました。 2015年1月7日閲覧。

Next

スバル レヴォーグ SGPベース1.8Lターボエンジン搭載し2020年10月フルモデルチェンジ

五島さんは「どちらかというとトルクが重要。 事前に予約で受注をしていれば人気のグレードや装備もあらかじめわかり、生産の計画もたてやすくなるんですね。 【発売日】2018年6月20日• 価格帯は上がると予想しますが、当然内外装も高級感のあるものになり、安全装備や快適装備も充実されると思われます。 また、後席まわりに制振材や吸音材を追加し、高速走行時の風切り音やロードノイズを低減した。 全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御し運転をアシストする。

Next

注目、スバルの新型レヴォーグ・プロトタイプ…東京モーターショー2019で披露へ

テレビへ露出すると言うことは確定デザインという事で、もし買い替えをお考えの方はご参考までに。 6GT EyeSight」の燃費性能が0. 6GT EyeSight」、「1. 走行性能評価5 車重は1. 北米での販売はなく、欧州の販売もごく少数にとどまる(そもそもスバルの欧州販売比率は高くない)。 2015年2月6日閲覧。 今日昼間東京駅すぐそばで仮ナンバーカモフラージュ柄のテストカーを見た。 8L水平対向ボクサーターボエンジンは、 最高出力200ps、最大トルク30kgmを低回転域から発揮するフラットな仕様の見込みです。 2015年12月10日 特別仕様車「1. 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。

Next

レヴォーグ

新型レヴォーグSTI Sportには、スイッチ一つで車のキャラクターを切り替える「 ドライブモードセレクト」が搭載され、コンフォートからスポーティまで幅広い走りを楽しむことが出来る所がポイントです。 6Lターボが5. 注目すべき改良内容はスバルの持つ最先端の技術を集結し、自動運転化が進むモビリティ社会で「誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来」の実現を目指すと言い、 次世代のアイサイトはフロントステレオカメラに加え前後4つのレーダーを組み合わせた360度センシングに進化している。 2016年6月27日 「STI Sport」を追加。 6GT-S EyeSight」、2. 6Lモデル 【価格】291万〜313万円• 6GT EyeSight: 1,485mm (2014年4月-2017年7月) 1,495mm (2017年7月-) 1. 6Lエンジンから1. 北米で発売された 新型レガシィと新型アウトバックではリアテールランプが内側まで発光することが可能となっただけに、レガシィとの差別化を感じるポイントでもあります。 2020年10月発売 レヴォーグ 予想スペック 全長x全幅x全高 4720 x 1800 x 1490 mm ホイールベース 2675mm 車両重量 1520kg パワーユニット 1. RECAROフロントシート+運転席8ウェイパワーシート(メーカー装着オプション) 1. 0Lモデル 【価格】368万円• レヴォーグ フルモデルチェンジ 2019年10月発表 レガシィ・ツーリングワゴンの後継車として2014年6月発売されたスバル・スポーツ・ワゴン「レヴォーグ」の次期型プロトタイプが 2019年10月26日より開催される東京モーターショー2019にて発表。

Next