お手数おかけします。 「お手数をおかけしますが」の正しい使い方|就活マナーを再確認しよう

「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

「お手数おかけします」は目上の人に使っても大丈夫! 「お手数おかけします」という言葉には、相手に手間や面倒をかけることの お詫びや 感謝の気持ちが含まれていますが、目上の人に使っても大丈夫な言葉なのか心配な方もいらっしゃると思います。 対象者:「自分自身、他人」 目的(人・結果)のために行われる行為。 相手と自分の関係や立場に応じて、使い分けができるようにしていきましょう。 「お手数をおかけしました」は感謝やお礼するときに使う 「お手数をおかけしました」は、相手が手数をかけてくれたことに対して感謝するときに使います。 つまりこの場合の「お手数をおかけします」は、誰かにお願い事をして、相手がそのお願いを引き受けてやってくれるといった時に、そのお願いした内容を相手にお任せしますよ、という「よろしくお願いしますね」といった確認のような意味合いで使われているのです。 本来、言葉の読み方の原則としては「音読みをする場合はすべての字を音読みする」、「訓読みの場合はすべての字を訓読みする」という決まりがあるため、この場合は「おてかず」と読むのが普通になります。

Next

「お手数ですが」「お手数おかけしますが」の意味と使い方

「お手数をおかけして申し訳ございません」 相手へお詫びをする際の、最も基本的な「お手数をおかけしました」を使った例文です。 メールでの使い方 メールなどで「手間をかける」ことに対して申し訳ないということを伝えたい場合や、「手間をかける」必要のある作業を依頼しなければならない場合に、「手間をかける」ということを敬語にする必要があります。 「お手数をおかけする」は二重敬語? 「お」や「ご」を言葉の前につけることで丁寧な言葉にすることがあります。 相手にどうしてもお願いしたいときや頼みたいときも、「お手数おかけしますが」の方が意味が伝わりやすくなります。 例文 ・お手数をおかけしますが、ご連絡お待ちしております。 こちらもビジネスシーンではよく使われる常套句なので、頭の引き出しにしまっておきましょう。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。

Next

「お手数をおかけして」の意味と使い方・類語・二重敬語なのか

なので常にこの感謝の意は「お手数をおかけします」に含まれています。 尊敬語表現 「お手数」という言葉はその言葉の成り立ちを見ればわかりますが、まず「御(お)」という接頭辞が付いていることによって「相手の行動に対して敬意を示す尊敬語表現」として認められます。 ・とんでもないです。 先述でも「お手数をおかけしますが」や「お手数ですが」などと、一応「自分の要求」に対していろいろと対応をしてくれる相手の事情に配慮しておき、その上で「それでもぜひよろしくお願いいたします」といった意気込みを見せる際に使われます。 「お手を煩わせて」は目上の人に対して使うことができます。

Next

「お手数おかけします」の正しい意味と使い方は? 例文もチェック

日頃から正しい言葉を使うようにしましょう。 例えば、「ご連絡をお待ちしております」を「お手数をおかけしますが、ご連絡をお待ちしております」と、一言添える具合です。 ・I am deeply sorry for troubling you. これは他人に対してかけた手間という意味がある言葉なので、「お手数をおかけする」ということは、相手に対して、「手間をかけさせてしまって」という意味になります。 ありがとうございます」 ただ 「お手数をおかけしました」だけではお礼としての意味合いが弱いので、感謝の言葉を別に添える必要があります。 ・こちらの不手際により、お手を煩わせてしまいました。 申し訳ありません」というように「が」(英語で言うところのbut)という反する意味を持つ接続後はつけないように注意してください。 お察しのとおり、「お手数をおかけして」という表現は二重敬語にはあたりません。

Next

「お手数をおかけしますが」の正しい使い方|就活マナーを再確認しよう

この言葉の持つ意味自体を確認してみます。 例えば「お手数をおかけしますが、ご検討いただけますようお願いします」と言えば、「手間をかけさせてしまい申し訳ないですが、ご検討してください」といった意味になります。 お手数をおかけしました。 つまり、相手に対して、「手間をかける」という表現はそのまま敬語にしてしまいますと、誤りということになります。 何かを依頼する場合は、「お手数をおかけしますが~」を使うようにしましょう。

Next

「お手数をおかけしますが」の意味と正しい使い方!類語や英語も紹介

誤った使い方をしていないか、例文を読みながらチェックしましょう! 「お手数おかけします」は自分に対して使うことは出来る? 「お手数おかけします」というのは、相手に手数をかけるという意味を持ちます。 クレーム他応などでも多く使われている言葉です。 「お手を煩わせて」は、依頼をするときに「相手に苦労や面倒をかけた」という気持ちを表す表現です。 そのため、自分の行動に対して使用すると間違いになりますので、注意しましょう。 この場合の「手数」は、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 お手数をおかけしました。 ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。

Next