拝受 意味。 「拝受」の意味と使い方!「拝受いたしました」は二重敬語になる?|語彙力.com

これでマスター!「拝受」の意味と使い方

例文にして読むと意味も分かりやすくなると思いますね。 拝受の例文 5.取り寄せていただいた部品を、確かに拝受しました。 というようにビジネスメールの結びにつかっても丁寧。 「頂戴」は本来は目上の者から立場の低い者が好意を受け取る際に使われていた言葉ですが、現在はあまり立場は関係なく用いられているのが通常です。 そして「見る」という動詞ではなく「見える」という敬語に当たる動詞が使われているために二重敬語となるのです。 そのためここから先は「拝受は二重敬語として許容されている」前提で拝受を使った表現を紹介するとともに、二重敬語にならない表現も併せて紹介していきたいと思います。

Next

拝受を荷物や郵便物の受け取りに用いるのは適切?

「拝受」は「受け取る」の謙譲表現で、それにさらに「いたす」という謙譲語がついているため、二重敬語にあたるのではないかというわけです。 例文「資料を 拝受しましたところ、いくつか修正をお願いしたい箇所が見つかりました」• 来週の会議の資料をFAXいたしました。 ご査収のほどお願いいたします。 「受領」の例文をご紹介します。 「受領」の例文 例文 ・ありがとうございます。 「お目」は「 他人の目の尊敬語」で、 「かかる」は「 目にとまる」「 見られる」を意味します。

Next

拝受を荷物や郵便物の受け取りに用いるのは適切?

「accepting」は、「受け取る」「受諾」という意味。 「承知いたしました」という表現は、文法的には二重敬語で誤用です。 「拝承」にも同じように「承知する」という意味が含まれているため、言い換え表現として使えます。 お忙しい中お届けくださりありがとうございました。 へりくだるというのは、相手を敬って自分を控えめに表現するということです。 「ご覧になる」+「〜してくれる」の尊敬語「くださり」になるので、相手が行ってくれたことに感謝の意を表します。

Next

「拝受」の意味とは?メールでの使い方や類語「受領」との違いも

・つまり「読むこと」の謙譲語であり 「つつしんで読むこと」のようなニュアンスとなる。 例文「 メールを 拝受しました」• 受け取ったことを報告・連絡する返信メールでつかう敬語フレーズであり、上司なり目上につかってもまぁそれなりには丁寧です。 「見る」の尊敬語は「ご覧になる」 「見る」の尊敬語は、「 ご覧になる」「 見られる」になります。 たとえば取引先にお願いした資料(見積書や契約書をふくむ)をメールで受け取ったあと。 例文 ・せっかくのご指名ですが拝辞いたします。 「拝受」と「致す」の謙譲語である「致しました」が組み合わされています。

Next

「拝受」「拝受いたしました」の正しい意味と使い方 【例文付き】 2ページ目

部下や後輩などの立場が下の人には使用しないという点を覚えておきましょう。 拝受という言葉は、その単語の中に「ありがたく受け取る」という意味を持つ「拝」という字が含まれています。 謙譲表現は、目上の相手に敬意を示すために自分がへりくだる言い方です。 甚だ略儀ではございますが、まずは商品拝受のご連絡をいたします。 自分の行為をへりくだることによって、相手に対して敬意を表します。 拝受をビジネスで使いこなして一目置かれる存在になろう! ここでは拝受の使い方や二重敬語にならない類語表現について紹介してきました。 hearing・・・聞くこと、聞いてやること、聴力• 迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます。

Next

「拝受」の意味と使い方は?敬語や類語・例文も気になる!

・商品を拝受いたしました。 また「謙遜」というのは自分で言うことはあまりなく、相手方や第三者がその人の行動を見て表現する際に用いる言葉になっています。 「拝受」と「いたしました」が重なってはいますが、特に冗長であったり、丁寧すぎて嫌味だということもありませんよね。 「拝受いたしました」という言葉は、「拝受」と「致す」の謙譲語が重ねて使われており、一見すると二重敬語のように思われます。 メールの途中で「資料を拝見or拝受しましたところ、いくつか修正をお願いしたい箇所が見つかりました」はどっち? 「拝受」「拝見」の使い分け方。 送られた物品について、しっかりと承知をして受け取ることを受領と言います。 そのため、目上の人と接する機会の多いビジネスの現場で使うことが多いと思いますので、例文も固い文章になります。

Next

拝受の読み方・意味!拝受いたしましたの是非やメールでの使い方・例文も

その場合に役立つのは反対語などであり、ビジネスのようなあらゆる状況が考えられる場合には覚えていると役に立ちます。 英語の場合、話している内容やシチュエーションによって答え方が変わります。 例えば、相手からの誘いを断る場合に「今回は参加を遠慮させていただきます」と使います。 こんなときには。 敬語ってわからない英単語みたいに意味不明だから悩ましいのですが、いったん意味がわかるとドンドン応用できるようになります。

Next

【拝受】と【受領】の意味の違いと使い方の例文

「拝受」の意味は、「受けることをへりくだって表す言葉」「つつしんで受けること」となります。 ・本日請求書を受領いたしました。 【例文】資料を拝受いたしました(拝見いたしました)。 ある程度の知っている関係のある相手に対して、それほど気を使わなくてもいい場面で贈り物を行う場合には「笑納」ですることが多くなっています。 「拝」は「おがむ」という字、「受」は「うける」という字ですから、拝んで受け取る、つまり「つつしんで受け取る」という意味になります。

Next