インパール 作戦 と は。 ビルマ撤退:インパール作戦後の敗走

THE BRITISH ARMY IN BURMA 1945

上村喜代治の著書と場所、階級、仕打ちが一致しているが、両事件が同一である旨の説明はどちらにもなく不明。 負けは当然ではありません。 それで大軍の武器・弾薬、食糧を運び、険しいジャングルの山を越えねばなりません。 帝国戦争博物館The Imperial War Museum引用。 高木『抗命』(1966年)、248頁。 日本軍の兵士達は、目的地であるインパールに到達して戦いを始める前に消耗していってしまいました…。 この頃、食料、物資の欠乏は日本の国内外にかかわらず大変深刻な状態にあった。

Next

ビルマ撤退:インパール作戦後の敗走

当作戦の従軍体験を著書や講演で語っていた。 同上 『太平洋戦争 日本の敗因〈4〉責任なき戦場 インパール』 角川書店〈〉、1995年。 吉原正喜(よしはらまさき) プロ野球・東京巨人軍捕手。 また、「兵站」を軽視した結果、食料が十分に届かず栄養不足でフラフラな状態の将校に対し、1時間以上訓示を続けた結果、皆倒れてしまいました。 私はただ私の顔色によって察してもらいたかったのである」と防衛研修所戦史室に対して述べている。 基本的に新しく作られた戦術というのは、前に使われていた戦術よりも優れています(優れているから採用される)。 それは日本に逃れてきたチャンドラ・ボースを擁立してインド独立を支援することであった。

Next

インパール作戦の司令官「牟田口廉也」が無能と言われた理由と家族/子孫の戦後

この作戦中、牟田口が要望した自動車等の補給力増強がままならないため 、牟田口は現地で牛を調達し、荷物を運ばせた後に食糧としても利用するという「ジンギスカン作戦」を発案した。 :英空軍第194飛行中隊所属。 -----10mほど前方の薮の中を大勢のイギリス兵が横断しているではないか。 大混乱にもかかわらず,南方軍はビルマ方面軍にラングーン放棄を遺憾とし,ラングーン奪回を命じた。 このとき牟田口司令官は、「もともと本作戦は普通一般の考え方では、初めから成立しない作戦である。 やがて、ものすごい砲撃が始まった。

Next

突然の一斉休校、重なる大戦時の「インパール作戦」 決断も大事だが、現場の「兵站」への配慮は十分だったか(1/3)

これが「葉隠れ武士 」に対する礼であったように考える。 :第二次大戦勃発後の1940年8月に開発指示がだされたは,車体右側に75ミリ砲を,砲塔に37ミリ砲を搭載した中戦車だった。 若い頃の牟田口廉也は、無能というよりは、優秀な軍人だったことは間違いないと思われます。 私は蛸壺から目だけを出して、彼等の行動を注視していた。 つまり、攻撃前の十分な準備射撃には膨大な弾薬が必要となりますが、これを用意できなかった(あるいは惜しんだ)ため、結果的に肉弾による最後の決戦に挑んだということです。 OVERLORD後に直ちにこれらの作戦のいずれかでも実施された場合には、地中海での作戦が台無しになると考えたのである。

Next

THE BRITISH ARMY IN BURMA 1945

日本側の生存者、参加した元英軍兵、現地の住民へのインタビューを含む。 膠着状態に陥った戦線 物資や弾薬の不足する前線部隊は司令部に補給を求めますが、司令官の牟田口中将は至急送るとの返信しましたが司令部から十分な物資が送られることはありませんでした。 Dent Publishing, 1984. 上層部の人間関係が優先された意思決定 かつてビルマと呼ばれていた、インドシナ半島西に位置するミャンマー。 だが、それですべてが終わったわけではない。 たしかに日本軍は兵站に関しては評判は良くはありませんでしたが、それは程度の差はあってもどこの国の軍隊でもそれなりに問題はありました。 「牟田口軍司令官から作戦参謀に『どのくらいの損害が出るか』と質問があり、『ハイ、5,000人殺せばとれると思います』と返事。 また、イギリス軍のスリムは、日本軍の兵力11万5,000人、戦死者6万5,000人としている [ ]。

Next

「悲劇のインパール作戦」を生んだ牟田口・河辺・東条|日経BizGate

食料は、現地住民からとの交換により入手しようとしたが、現地は小さな村が僅かにあるだけで、部隊を賄えるだけの食料を入手するのは不可能だった。 死者の半数は、戦闘ではなく病気や飢えで命を奪われていたのだ。 ルイ・アレン『ビルマ 遠い戦場』(上・中・下) 原書房、1995年。 アメリカ軍のM3中戦車を伴っている。 (弓) - 師団長: - 5月時点での兵力1万7000人• (明治43年)12月、陸軍歩兵少尉。

Next

インパール作戦とは?悲劇の原因・牟田口廉也、生き残りや子孫などについて解説!

、等を食用に交付 - 第15師団だけで約10000頭• 戸部(1991年)、176-177頁。 原文ママ、ただし( )内は引用者が補足)。 援蔣ルートとは、日本と戦いを続ける中国国民政府(蔣介石政権)への米英からの物資支援のことをいう。 栄養失調と疫病が部隊にまん延していく。 ただし時代背景を考慮すれば、かなり潤沢な場合を見積もったものである。 それにも関わらず牟田口中将は作戦を決行。

Next