鹿児島国体どうなる。 鹿児島のニュース|MBC南日本放送

板挟みのかごしま国体 1年延期提案、次の開催地は難色

今後開催する県にご迷惑を掛けることになるが、ご協力をお願い申し上げたい」と訴えた。 というのも、先々の開催地などがすでに何大会も決まっている為調整が難しいという事情があるとのこと。 オンラインで会見に参加した鹿児島県の三反園訓知事は「できるだけ早く開催できるよう鹿児島県として努力していきたい。 要望では延期の可否や代替案を検討する際、4県の意見を聴取して結論を出すよう求める。 ただスポーツ庁によると、2021年三重、22年栃木は正式決定済み。

Next

鹿児島のニュース|MBC南日本放送

6月19日:鹿児島国体の延期が発表されました。 日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長は東京都内で開いた記者会見で、来年の実施時期は「今年と同じタイミングで考えている」と秋開催の方針を示した。 三重県は来年、「三重とこわか国体」の開催を予定する。 各競技団体の動向をまとめる静岡県スポーツ協会=21日、静岡市駿河区 国民体育大会(国体)の静岡県代表選考が新型コロナウイルスの影響で計画通りに実施できず、各競技団体は県予選の日程を再調整したり、選考基準を見直したりする対応に追われている。 追伸 私のドル円ショート まだ帰って来ません。 ほかにも東海大会の開催を断念する競技が出てくることが予想される。 鹿児島国体 国民体育大会 2020の日程、開会式、閉会式、開催地 かごしま国体 国民体育大会 2020の日程、開会式、閉会式、開催地については以下の通りとなっております。

Next

鹿児島国体2020はどうなる?|最新情報は中止か延期、新型コロナで年内開催を断念

せっかくの鹿児島での開催ですし、なんとか中止ではなく延期に!という気持ちですよね。 また、鹿児島市で53日ぶりの感染者が確認されるなど、再びコロナ感染拡大の不安が拡がっています。 静岡スポーツの記事一覧• 昨年の第74回国民体育大会の開会式で、入場行進する茨城県選手団(手前)=2019年9月28日、茨城県ひたちなか市の笠松運動公園陸上競技場 国体は2021年以降は三重、栃木、佐賀、滋賀の順に開催が決定済みで、4県は予定通りの実施を要望している。 このまま、上手くコロナ終息に向かって一年延期でも開催できればいいのですが。 スポンサーリンク 国体の1年延期の何が問題かと言うと 三反園知事が、 さらりと一年延期と言われたのですが、これは 大変な意味合いが含まれています。

Next

東京五輪1年延期決定に思う事

できるだけ、皆さんがより納得できる解決策を考えたい」と応じたという。 「体育からスポーツに変わる新しい大会」をテーマに据えて準備をしているが、鹿児島県の要望通り1年延期になれば、佐賀大会は「最初の国スポ」ではなくなる可能性がある。 現状では、まだまだ油断できないことがわかり鹿児島国体開催はより厳しくなったでしょう。 まあしかし 高校生のインターハイも中止。 07月13日 月• 23年佐賀と24年滋賀は内定し、25年青森から29年島根までと、33年鳥取の開催が固まっている。 障スポは台風で初の中止となった昨年の第19回大会(茨城)に続き予定どおり開催できなくなった。 かごしま国体の九州ブロック大会も中止となりましたよね・・。

Next

国体開催、どうなる? コロナ禍、代表選考苦慮 各競技団体「早く判断を」漏れる本音|静岡新聞アットエス

SAGA2023総務企画課は「鹿児島の大変さはよく分かるが、要望では国スポに変わる初めての大会を開催する佐賀県の強い思いを伝えることになる」としている。 現在の情勢を考えると中止になった時の代替案を用意しておいたほうがダメージが少ないかと。 来年以降に延期する。 三反園知事が国体延期を発表した? 鹿児島県の三反園訓(=みたぞの さとし)知事は、2020年6月11日の県議会本会議で初めて語りました。 同じ鹿児島で来年以降の延期開催を目指すと決まったが、実現の見通しは立っていない。 コロナウイルスがここまで猛威を振るうとは、本当に過酷な年となりましたよね。 順調にいけば、8月には国内イベントなどの人数上限が撤廃されるという見通しもありましたが。

Next

鹿児島国体と障スポの年内開催断念 2021年以降に延期へ協議継続

共同要望書では23年に国体から国民スポーツ大会(国スポ)に大会名称が変わることから「有終の美を飾り人々の心に刻まれる『最後の国体』の栃木、新しいスポーツ文化の始まりにふさわしい『最初の国スポ』となる佐賀の両県は特別な思いを持って準備を進めている」とし、1年延期を強くけん制した。 後期:10月3日(土)~10月13日(火)を予定しています このようなスケジュールを予定しています。 卓球は今月下旬に、テニスは6月下旬に予定していた県予選を中止し、昨年の成績やランキングを参考に選考することを決めた。 だが県内では多くの関係者が、開催に向けて準備を進めてきた。 鹿児島国体の日程などを記載します。

Next