マイナビ 比較。 doda(デューダ)VSマイナビ徹底比較【結局どっち?】|転職鉄板ガイド

就活サイト比較(リクナビ・マイナビ・キャリタス就活・その他)

また、サイトと連動しているイベントを全国でインターンシップ期間から継続的におこなっています。 1.マイナビ・リクナビを基本情報で比較する はじめに、定番就活サイトとして評価の高いリクナビとマイナビの大枠の基本情報の違いを見ていきます。 日本最大級のdoda転職フェア• 1」を獲得した実績もあり、20代から絶大な支持を得ています。 リファラル(参照。 開催スタイルの特徴 リクナビ開催の合同説明会は、理系募集、 IT系などある分野に特化した企業だけが出展するものもあり、その種類も多彩です。 採用レポートや統計資料などが豊富で、企業が利用できるマイナビサービスが把握しやすくなっています。

Next

リクルートエージェントとマイナビエージェントを比較|決定的違いは?│ジョブシフト

土曜日や日曜日でも面談を受け付けています。 今回は公開・非公開求人数で圧倒的上回る リクルートエージェントの勝ちという結果となりました。 【3】説明会情報の公開企業数• 調査項目 サイト掲載企業数 エントリー受付企業数、受付率 説明会情報添付企業数、添付率、説明会開催予定(週単位) 会員学生数 編集部より 今年も谷出さんにご協力いただき、3月1日のグランドオープン速報として、主要3サイトの利用状況をまとめてみました。 その他、Web合同説明会、理系、建築・土木などのカテゴリ別の合同説明会も実施されています。 ・会員学生数が、昨年の80万人を大きく上回り、90万人を超える。

Next

マイナビ転職とリクナビNEXTで求人募集した結果を比較

最近は、休日に面接をしてくれる求人企業も出てきました。 学生に選ばれる企業が、採用成功となるでしょう。 シンガポールや台湾、韓国、タイといったアジア圏をはじめ海外勤務のある企業求人も掲載。 やはり専門性が高い人材を採用したい場合、掲載費用や紹介手数料も高額となるサービスが多いです。 インターンシップ、転職サイトで比較する 2つのサイトには、前年の6月にオープンするインターンシップサイトがあります。 年末年始・ゴールデンウィーク・夏期休暇などは営業時間が変更になることもあるので要注意です。 できるだけ多数の求人企業を紹介してもらい、比較検討した上で転職先を決めたいという方はリクルートエージェントを選択した方が良く、求人の質にこだわる人は非公開求人に強いマイナビドクターがオススメと言えます。

Next

【徹底比較】dodaとマイナビエージェントはどちらを使うべき?

それぞれが、何を重視して運営をおこなっているかが見えてきます。 こういったポータルサイトにおけるウェブデザインのリニューアルには勇気が必要であるため、中々抜本的な変化というのは起こりにくい。 大手から中小まで幅広く扱っているのがリクナビNEXTです。 定期的に更新されるコンテンツとしては、福利厚生や選考特徴で企業がピックアップされるものもあります。 掲載している企業数も多いため、オプションやその他の手法も含めて工夫する必要があります。

Next

リクナビ・マイナビの特徴を徹底比較!自社の採用に活かすには?

内々定率については、学生が初めて内定を獲得した時点でアンケート回答するように調査しており、今回はリクルートの就職みらい研究所が調査している、「」をみていきます。 しかも、希望すれば適性診断の結果を基にレポートの活用方法をレクチャーするセミナー、さらには診断にマッチした企業の説明会まで開催している。 リクルートエージェントで特に多かった口コミベスト3 ・当たりハズレが激しい・・・・・・・・・・・・・34% ・事務的、機械的な対応・・・・・・・・・・・・・27% ・求人を多数紹介してくれる・・・・・・・・・・・18% マイナビエージェントで特に多かった口コミベスト3 ・親切な対応・・・・・・・・・・・・・・・・・・28% ・業界に精通していた・・・・・・・・・・・・・・22% ・自分の希望とは合ってない案件を紹介された・・・17% 当サイトに寄せられた両社への評価を内容によって分類・集計した結果では、ご覧のような明暗が分かれる結果となりました。 中途市場では当たり前のように利用されているエージェントサービスは、利用メリットがとにかく多い。 リクナビも、マイナビも、 6月からインターンシップ応募を開始することができます。 3.エン転職 エン転職(エンジャパン)は、「 良質な中小企業の求人が多い」という特徴を持っています。 上記口コミ評判を見て頂いてもわかる通り、リクルートエージェントとマイナビエージェント両担当者にどんな対応をしてもらえるかで、両エージェントに抱く印象が変わることがわかります。

Next

『モバイルの覇者マイナビ』 vs. 『リスティング広告の鬼リクナビ』!アクセス分析的視点から徹底比較

それに対してリクルートエージェントの拠点数はなんと16ヶ所。 また、国内最大級のOB・OG訪問プラットフォームである「HELLO,VISITE online」とサービス連携も開始し、OB・OG訪問を接点にインターンシップや早期学生アプローチからファン層形成にも力を入れています。 しかし総アクセス数では、マイナビのほうがまさっています。 その他、Web合同説明会、理系、建築・土木などのカテゴリ別の合同説明会も実施されています。 リクルートエージェント・マイナビエージェント共通のサービス キャリアアドバイザーによる転職支援サービスメニューを比較した場合、次のようなサービスについては一致することがわかりました。 しかしながら、7倍以上の差があればほとんどの職種でリクルートエージェントがマイナビエージェントを上回っていると見て間違いないでしょう。 積極的な外部連携により、早期学生のアプローチを強化• その一方で、リクルートエージェントは求人数を多数紹介してくれたという点で評価を得ており、マイナビエージェントは希望条件にマッチしていない求人の紹介を受けたといった評価がかなりありました。

Next

リクナビ・マイナビの特徴を徹底比較!自社の採用に活かすには?

ただし、複数登録をするときはコンサルタントの方に必ず伝えましょう。 そのため、20代〜30代前半の方はマイナビエージェント、30代後半〜はリクルートエージェントの方を利用するようにしましょう。 マイナビ VS doda(デューダ) 【対決結果】 公開・非公開求人数や拠点数、独自コンテンツ&ツールの充実度など、数字の面ではdodaがすべてリードしています。 なので実際の面接でも満足のいく面接をすることが出来ました。 21年卒は、6月にインターンシップ募集が正式にスタートし、掲載企業数も毎週伸びています。 全国各地で合同企業説明会やインターンシップ向けイベントもおこなっています。

Next

リクナビ・マイナビの違いって?掲載費用以外で比較する5つのポイント

ただ押さえておきたい事実としては、DMもスカウトも3月のグランドオープン時から、その反応率は右肩下がりに下降する傾向にあります。 採用したい学生の動向をうまく見極めることが選定のスタートラインかもしれません。 マイナビエージェントとリクルートエージェントのそれぞれのキャリアアドバイザーの違いについて比較していきます。 サイト連動の合同企業説明会がある• その背景には、学生の行動量の減少があります。 リクルートエージェント・マイナビエージェント海外勤務の求人数比較 リクルートエージェントはマイナビエージェントの7倍以上の求人数を誇りますので、海外勤務の求人数比較でも7倍程度の開きが生じていたとしても不思議ではありません。 それぞれ求人媒体や人材会社により、得意とする分野があり集客できる人材が異なりますので、自社が求める人材が集客できそうな採用手法を選ぶことが重要となります。 com それぞれの概要をおさらい マイナビ 就職ナビサイトでは第二位の規模を誇るナビサイトです。

Next