アナウンサー。 日本のアナウンサー

NHKのアナウンサー一覧

(なかむら・あい、2005年入局) - 井澤愛名義でフリーアナウンサーとして活動。 (みやじま・だいすけ) -『』リポーター『』ディレクター• これらの行為にも女子アナは番組キャスティング権を持つ重役からの命令であるため、否定できないという。 (1927年入局)• 労働条件については正社員のほか、として勤務している者もいる。 一般職はスポーツの実況のアナウンサーが異動の場合、オリンピックの時期は、9月初めになる場合あり。 (おおぬま・ひろみ) CA• (たかはし・こうすけ)• (1963年入局)• 時点でのアナウンサーはおよそ500人で男性の比率がやや高く、民放は局ごとに傾向が変化している。

Next

日本のアナウンサー

(しまだ・ここ) 鹿児島放送局放送部 [ ]• (たなか・ひろと)• 外国人とのインタビューに際しを介さず直接取材できる人材としてのや海外経験者と同等の理由で採用されているが、日本人のハーフに対するイメージから採用が多くなっているとも見られる。 (1954年入局)• (1992年入局)• (さたけ・ゆうと)• (よねざわ・たろう)• (おかの・あかつき)CA• 『アナウンサーのすべて 女性編』、、60頁。 (みやもと・りゅうじ、1973年入局)• 6-2013. (むらかみ・しんご)CA• (1934年入局)• (1931年入局)• (あらい・のぶひろ) - 『』ディレクター• (1925年入局)• (1994年入局)• (もりやま・はるか)• (かみやすひら・きよこ、1971年入局) - 元NHKグローバルメディアサービス企画事業部担当部長・公害等調整委員会委員、食品安全委員会委員• (1968年入局)• (1944年入局)• また、報道記者に転出しても主にワイドニュースなどとして出演を継続する元アナウンサーもいる。 雇用 [ ] NHKの全国のアナウンサーの人数は、2018年時点で、およそ500人である。 (ながい・たえこ:1960年入局)• (旧姓・加藤、1926年入局)• (1932年入局)• 系列局制作番組や企業のコマーシャルへの出演はフリー転身直後でも可能の場合あり。 (しばた・ひらく) - 『』リポーター兼ディレクター• (ますこ・ゆうと) 室蘭放送局放送部 [ ]• 場内アナウンス [ ] アナウンスは英 announce 、announcement であるが、場内アナウンスとは、催し物の会場の中や駅の構内の人などに放送で呼びかけること。 (かわさき・りか) 京都放送局放送部 [ ]• (なかむら・しんご)• (2001年入局)• (なかむら・やすひと)副部長• (あめみや・もえか、2011年入局)• (いはら・ようすけ)• (ましも・たかし)EA• (おみ・なりひろ) CA• (NHKの地方局ではその傾向が顕著である)社員であるためも与えられるが、ほとんど消化できないのが現状で、1〜2か月まとめて消化してから退社するといったケースも多い。

Next

NHKのアナウンサー一覧

(わだ・さとる) 他部署に異動した元アナウンサー [ ] 所属者については「」を参照• (1980年入局)• (ながい・かつのり)副部長• その結果、キャリアを積み、「読みの技術」が高まった中堅アナウンサーを、「若い方が良い」、「で使いづらい」との理由で冷遇する傾向があり、これは「女子アナ30歳定年(限界)説」なる言葉をも生んでいる。 (1970年入局)• (1997年入局)• (もちづき・けいた)• (1953年入局)• (1929年入局)• (1939年入局)• (1973年入局)• 9-2018. 入局したアナウンサーは東京()での研修を経て、各地の放送局へ配属される。 (1957年入局)• (1998年入局)• (1929年入局)• (かわむら・たろう、2002年入局 - 2018年7月) - 所属。 (わたなべ・ひろゆき)CA• 用例でみられるのは、『風ふたたび』 1951、永井龍男)に、野分かな「ざわめき立った客席へ、場内アナウンスが道原の名を呼びかけた」、『星のない街路』(1958、北社夫 「さまざまな人種の旅人がバッグをさげて行きかっている。 (はねづか・とおる)(局長)• (うちこし・ひろき)• しかし2000年代頃より、アナウンサー個人のスキャンダルに対する一種の懲罰や、テレビ放送の完全デジタル化による負担増に伴う人件費抑制策などで人事異動を全社規模化する放送局が増えており、アナウンス業務から外される事例は珍しくなくなっている。 (1957年入局)• (大正14年)、によりが開始され、の運動部記者出身の京田武男が第一声を発した。 (せた・ちゅうだい)• (1934年入局)• (なめかわ・かずお)CA• (にしぼり・ひろみ)• (とみさか・かずお) CA• (1978年入局)• (1960年入局)• (いがらし・りょう)• (ほるこむじゃっく・かずま)• 大橋未歩 『大橋未歩のミホちゃんねる! (旧姓、松井。

Next

NHKのアナウンサー一覧

(ながの・りょう)CA• どちらも業務内容は全く同じで、これがアナウンサー採用試験と知らずに受験した者もいた程だった。 (入局年不詳)• 女子アナウンサーの系譜 [ ] かつて女性アナウンサーの担当する分野は、、、をテーマとする番組や、の聞き手などが主だった。 (旧姓、内田。 1977年入局• (つじ・ともたろう) - 『』ディレクター• 男性の場合「カラス君」や「カラスボーイ」の俗称があるが、女性が一般的なのであまり使われない。 (さいとう・ひさあき)CA• (1936年入局)• (ほんだ・しゅんすけ)• 元NHKエグゼクティブアナウンサー(理事待遇)、元東京大学客員准教授。 (えとう・やすひこ)CA• (にしおか・りょう)• (1976年入局)• (つだ・よしあき)• 概要 [ ] アナウンサーとは、するが、収拾した情報を元に作ったを音読して、視聴者へ伝達する者である。

Next

日本のアナウンサー

(いとう・たけひこ)CA• (1937年入局)• (1957年入局)• (1930年入局)• (おおたに・まさひろ)• これについては異論も多いが、その反面、女性管理職は全職員の中でも5%ほどと非常に少ない。 (1930年入局)• (1978年入局)• (はやせ・ゆういち)• (1937年入局)• (ひろせ・ゆうた)• (1951年入局 のちに局契約)• (はたけやま・えみ)• (つぼくら・よしひこ)(副局長)• (1944年入局)• (1934年入局)• (1931年入局)• 職務の性格上、勤務はが基準となりも無関係であるが、一般に年に1回5日間程度のまとまった休みをとることが認められている。 (1944年入局)• (1961年4月 - 1997年)• 現在 [ ]、。 放送メディア以外の職業 [ ] 後述のように、放送メディア以外の分野でアナウンス活動を行うものも存在する。 (つちはし・もとき)CA• タレント化が進んで以降は、タレントと同様にやトークゲストとしての出演も多い。 (1937年入局)• (1929年入局)• (かわしま・こういち)CA• 概要 [ ] NHKには全国の放送局に約500名のアナウンサーが所属しており、アナウンス業務のほか、番組の取材や企画・番組制作なども行う。

Next

NHKのアナウンサー一覧

(やひろ・りゅうぞう)CA• (せきね・たろう)• には、の人気アナウンサーら3人からなるユニット「」が結成され、CDをリリースした。 「女子アナ30歳定年(限界)説」はこういった事象を背景にしており、女子アナウンサー本人がこれに言及しているケースもある。 現在は特に女性アナウンサーを契約職採用中心に切り替えたため、こうした制限はなくなった。 また、業務上必要なアナウンス技術よりも、容姿を優先したり、誤読やトチリなど本来は許されないはずのミスを獲得のため珍重した結果、さながらの扱いを受けるケースが多いと見る向きもある。 (おおやま・たけと)• 大相撲中継で活躍。

Next

NHKのアナウンサー一覧

(1934年入局)• (1939年入局)• 報道対象に対する取材や。 (いけの・たけし)• (うおずみ・ゆう)• 配属直前には『』(2015年まで)か『』(2016年より)若しくは『』にてその年に入局した新人アナウンサーが紹介されることが慣例となっている。 は、年度替わりに30歳前後の2人が渋谷から出されたほか、付の幹部級人事では一気に5人が地域放送局のアナウンス統括職に起用され渋谷から転出、1人が渋谷内部で配置転換となった。 (きしもと・たまえ)(リスク管理室)• (ひるき・よしふみ)アナウンス専任部長 男性 [ ]• (1974年入局)•。 (とくなが・けいいち)副部長• (いながき・ひでと) 中国 [ ] 広島放送局放送部 [ ] 統括責任者 [ ]• (1931年入局)• (よしおか・だいすけ) - 『』リポーター• (みやた・たかゆき)• (1932年入局)• (1932年入局)• 初めての出演は「初鳴き」と呼ばれることもある。 1933年入局)• (あべ・やすし) CA• (1932年入局)• (たかやま・てつや)• (みやもと・まち) 宮崎放送局放送部 [ ]• (昭和36年)にNHKを退職して独立して(昭和37年)に民放番組の司会に抜擢された、が日本初のフリーアナウンサーである。 現在 [ ]、株式会社Anew副社長を務める。

Next