堀江 ガンツ。 本誌プロレス記事担当の堀江ガンツ氏も参加! 書籍『玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ』発売中!& 記念イベントもただいま配信中!!

堀江ガンツとは スポーツの人気・最新記事を集めました

紙の破壊王 ぼくらが愛した 爆勝証言集• でも、僕らの世界では、会議室で猪木さんに相談して『僕らが代わりにやりますから、任せてください』なんていうのは通用しない。 2000年代前半頃にリングスと関係が切れる。 こうして見ると、猪木や藤波と比べて、ライガーはWWEやアメリカでの活躍、及び実績は乏しいように思える。 - ホーリーネームのない珍しい編集者。 『船木誠勝の真実』• そろそろ「レガシー部門」としてでも、WWE殿堂入りをはたしてほしいと思っているのは、筆者だけではないはずだ。

Next

本誌プロレス記事担当の堀江ガンツ氏も参加! 書籍『玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ』発売中!& 記念イベントもただいま配信中!!

- ジャンは麻雀のジャンから。 BOUTREVIEW 2007年4月24日• 外部リンク [ ]• 山本小鉄のものまねで知られる。 紙の ワニマガジン・ムックシリーズ82• ・金澤克彦『力説』 という男• 職を奪われたのは、右翼が会場に押しかけそうになって日本兵キャラからガリ勉受験生キャラに変えられた大柳二等兵!" プレビュー 堀江ガンツ on Twitter: "全女だけじゃなく、現ドラゴンゲートのトップ吉野正人も初期ターザンキャラ時代はベネツィアという着ぐるみゴリラミゼットを相棒にして人気だったけど、当然抗議なんかなし。 この試合で藤波と猪木は、クラシックな技と技、力と力、気迫と気迫がぶつかり合う、新日ストロングスタイルの真髄とも言える試合を展開。 もちろん『藤波は結局、猪木さんに勝てなかった、超えられなかった』と言う人もいますよ。 ジャイアント馬場も辞退したひとり。 馬場は、'60年代前半にWWEの前身WWWFで大型トップヒールとして活躍。

Next

本誌プロレス記事担当の堀江ガンツ氏も参加! 書籍『玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ』発売中!& 記念イベントもただいま配信中!!

- 猪木に対する世間の認識を革命的に変えた画期的な本。 創刊号5000部は完売。 詳細は、この記事のラストをご参照くださいませマセ。 27両国国技館と2度にわたって暴動が勃発。 149 「映画」-• - ペールワンズの井上総帥(井上崇宏)。 脚注 [ ] []• さらに12月には、やはり「kamipro元スタッフが関わる雑誌」として『』がより創刊される。 - 現在は編集者を辞め、大阪で、というを営んでいる• いや〜前田さん、やってますねぇ。

Next

玉袋筋太郎の現場で飲ろうや!

「WWFはSWSと提携していた時も、いろいろ面倒くさいことがあったからさ。 門馬忠雄『がいた! この時期、新日本プロレスは大きなピンチに見舞われていた。 退社後は新日本プロレスのスタッフへと転籍。 リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 堀江ガンツ on Twitter: "全女だけじゃなく、現ドラゴンゲートのトップ吉野正人も初期ターザンキャラ時代はベネツィアという着ぐるみゴリラミゼットを相棒にして人気だったけど、当然抗議なんかなし。 PRIDE機密ファイル 封印された30の計画• フリーライター。

Next

堀江ガンツ

そんな藤波は、レスラー人生で一番心に残っている試合についてこう語っている。 そういう試合を、あの歳でやった猪木さんはやっぱりすごいよ。 社長の山口は社員にあだ名()を授け、それをビジネス上の名として使わせていた(次欄参照。 2002年頃携帯電話サイトの「紙プロhand」を開設する。 今振り返ると、なんであそこでハサミを出して髪を切るなんて、子供じみたことをやったのかなと思うんだけど。 ライガー自身、今回のWWE殿堂入りについて「僕個人の勲章じゃない」とコメントを残しているが、多くのライバルたちとともにジュニアヘビー級を世界に定着させ、またその功績が今回の殿堂入りにつながったのだ。

Next

お知らせ

All About「」2007年6月21日• だから、あの時は自分自身への不甲斐なさもあったし、長年、重荷を背負い続けてきた猪木さんをなんとか楽にしてあげたかった。 配信時間は22時までを予定、そしてリアルタイムで観られない人のために、配信終了後にはアーカイブも用意され、 6月1日 月 23:59 まで視聴可能とのこと。 というワケで、観てから読むか? 読んでから観るか? プロレスファンなら書籍も配信も絶対要チェック!なのであります!! 執筆陣は、、、、、ら。 「僕の名勝負というと、一連の長州力戦や前田日明戦というものを誰しもが挙げてくるでしょうし、剛竜馬戦やチャボ・ゲレロ戦といったジュニアヘビー級時代の試合を挙げる人もいるでしょう。 しかし、になってのの格闘技専門チャンネルのの開局に伴い、柳沢忠之がダブルクロスの社員10数名を引き連れて移籍。 (当時は「ささきぃ」) - 格闘技ライター。

Next

ライガー、WWE殿堂入りの理由とは。かつて馬場とカブキは辞退した!?

何卒ご支援ご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。 堀江ガンツ 1973年、栃木県足利市生まれ。 - Amazon. 『底なし沼』• 無言で抱き合う師弟の頬を涙が伝った。 珠玉の60分は、最高の結末に。 (構成)『 王道ミュージアム』• しかし、ライガーは日本を主戦場にしながらも、世界中のプロレス界に多大な影響を与えたことが評価されているのだ。 の一見さんお断り! フルコン空手編集長の山田さんが女子便所で説教食らったのに比べればシュチエーション的に数段上。

Next

玉袋筋太郎の現場で飲ろうや!

リングスの担当を主にやっていた関係で、ロシア勢などへのインタビューに秀逸なものが多い。 本経営統合により、意思決定の迅速化に加えて、コスト面が軽減され、経営資源を成長事業に効率的に活用することができ、事業拡大を早期に図ることができます。 ここで説明すると、プロレスとはリングの上でプロレスラーと闘うものである。 『ニッポン縦断 プロレスラー列伝』(著者は元東スポの著名記者)• 当時、自分はマッチメーカーだったから、東京ドームで合同興行をやるときも、頭が痛かったもん。 これらの活躍が認められ、殿堂入りをはたしている。 飲めば飲むほど、読めば読むほどにコク深い、プロレスラーたちの赤裸々トークは必見!! その高山の発言だけに、信ぴょう性は高いと言える。 146 「1993年の女子プロレス」-• 休刊とその後 [ ] 2010年、kamipro編集部員の全員(山口以外)が突如退社し、山口を入れない体制でkamiproを刊行する形となった。

Next