あんさん 腐る スターズ pixiv。 #あんさん腐るスターズ! #レオいず scandal!

#あんさん腐るスターズ #敬英 3年生の恋愛事情((((2年生どこ行った))))

「……こんなガセネタ、信じちゃう人なんているのかしら」 「賢いお姫様たちは信じないだろうね~。 それを苦手とする人もいるだろうが、ジュンはさして気にしていなかった。 そのまま誘われるように、羽風は守沢の無防備な唇を食んだ。 静けさを取り戻した室内で、嵐、凛月、司はそれぞれに口を開く。 憎たらしいほど、美しかった。 」 「その人って?」 「あに……ひなたくんです。 同じクラス、と聞いたところで、不意に思い出した。

Next

[B!] #あんさん腐るスターズ! あんすたログ3

それもそのはず。 透き通ったその色によく似て、彼は物事を見透かすのが得意だ。 ファンの子や王さまから綺麗や格好いいとは言われても、可愛いとはあまり言われないのでちょっと擽ったい気持ちになる。 でもね、これは僕が飲む為じゃなくて君の為にいれたんだ」 「俺の為?」 対峙している相手である天祥院英智が発した言葉の意味が解らないと首を傾げていた千秋の隙を突いて、英智は千秋の手から台本を引き抜いた。 ジュンの姿を見止めると、頭のてっぺんから足の先までぐるりと見渡して、小さくため息を吐く。

Next

#あんさん腐るスターズ! ミント・チョコレート・サマー

「お前はストレートなのか?」 「だから言ったでしょ?そのミルクティーは千秋の為にいれたって」 「いや、そもそもだな、なんで急に俺にミルクティーをいれてくれたんだ?」 英智はよく人に紅茶を振舞っているが、それは自分が飲みたいついでだとか他の人にも茶葉の感想を聞いてみたいだとか自分を満たす為である事が多い。 END. 黒を基調としたシックなデザインの事務所を駆け抜けて、日和の姿を探す。 ここは、アイドル養成機関。 「守沢くーん、ちょっと」 廊下から聞こえた声は上級生のものだ。 羽風は守沢の前髪をかきわけて、その額にキスを落とした。 悪い日和ぃ」 ぐい、と日和の肘がジュンの脇腹をつつく。 それなのに彼は、いつだってジュンの目の前に居た。

Next

#あんさん腐るスターズ! #守沢千秋 SWEETEST MILKTEA

顔が離れていく。 俺ここに住みたい……ずっと布団の上に居たい」 「僕は別に構わないのだけれど……お気に召したようで良かったよ」 「天祥院はこっち来ないの?」 「おや、行ってもいいのかい? 今そっちに行ったら、僕は君を抱きしめてしまいそうなんだけれど」 「え、いいんじゃないの……?」 「そうかい? なら、僕もそちらに行こうかな」 言うもすぐ立ち上がった天祥院は、ゆっくり俺のいるベッドへと近づいてくる。 「後、重要な前情報がもう一つ」 「あら何?」 「このセッちゃんの相手役のオーケストラ指揮者っていうのが、全然音楽に縁のない俳優を使うみたいなんだけど、作中には結構ピアノを弾くシーンが出てくる。 今からすっごく楽しみです!』 (……どの口が言うか)と、二人が内心で呆れながらツッコミを入れたのは言うまでもなかった。 夏の青々とした空。

Next

[B!] #あんさん腐るスターズ! あんすたログ3

余計な話は適当に聞き流す。 そんなファンタジーな単語が似合うものじゃないはずだけれど。 「あんたの可愛いと思うツボがよく分かんないよねぇ?」 「それは惚れた弱味というものだよ、瀬名くん」 「えぇ……」 「好きな相手が何をしても、可愛いと感じてしまうんだ。 熱を持って煩わしいこの、恋を。 おひいさん、雑誌の撮影。 授業は終わったのだろうか。

Next

#あんさん腐るスターズ! #天祥院英智 カタチのないもの【英泉】

幸いなことに、同室のこはくはまだ帰っていないようだった。 天祥院と居ると俺が俺じゃなくなるような、そんな気分になった。 逆光で影を帯びた頬。 相変わらずオドオドとしているところはあるけれど、羽風の冗談でさえまともに受け取る、真面目で明るくて元気な子だ。 授業の終わりを告げるチャイムが鳴り、羽風はグッと上体を反らした。 湖に反射した光が眩しい。

Next