花 より 男子 二 次 小説。 二次小説 人気ブログランキング OUTポイント順

はなみずき さんの小説一覧

司は、無言で頷いた。 。 。 彼女は、玲人に相談しようとしたが、一向に連絡がつかないことに気持ちも絶望し、 子供を産むことを諦め、フランスに旅立って行った、と聞かされた。 しばらく、そのままじっと眩暈が治まるのを待つ。 お嬢様みたいな生活してたら、きっと庶民のご馳走とか知らないんじゃない?笑」 「そうか。

Next

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (2ページ)

「はーい」 つくしが返事をしてドアを開けると、稜と女の子が立っていた。 しばらく考えて、それから、またアドレスをピピピッと変える。 携帯を取り出し、時間をみると11時を過ぎていた。 」 「お嬢様みたいじゃない笑そうね〜 だったら、いつもご馳走は食べ慣れてるだろうから、うちの食事でよければ、一緒にお祝いなんてどうかしら??」 「えっ?うちで??」 「そう。 つくしは、ゆっくりと立ち上がると、再び歩き始めた。

Next

二次小説 人気ブログランキングとブログ検索

さぁ、ご一緒に燃えるロボットライフを楽しんでいきましょう!!• 「花沢類は、道明寺のお嬢さんのこと知ってる?」 「梓ちゃんの事?ああ、もちろん。 。 仲の良かった同僚の話では、 玲人に会うために、神崎家を訪ねてきていた事、そこで、玲人との事を話すも許してもらえず、代わりに、フランスでのソムリエ留学と手術費用を条件に、別れるように告げられたという。 彼女は、玲人のスタッフに対する横柄な態度が許せず、彼をその場で叱った。 プレゼントとか貰い慣れてるだろうから。

Next

二次小説 人気ブログランキング OUTポイント順

その時、後ろの方がザワつき始めた。 。 恥ずかしいから、さっさと仕事に戻るとかしなさいよ」 「だって今俺が離れたらきっと牧野どっかに行ってしまいそうだし」 そう言ってふんわり微笑む花沢類の表情にあきらめたつくしは 「・・・じゃあ、トイレの前で待たれるの恥ずかしいから ちょっと離れた所で待ってて」 「あい」 そう言ってそそくさとトイレの中へ入っていった 洗面所の前に立って、蛇口をにねる 自分の顔を鏡で見る 「ふぅ・・・すごい顔」 眼鏡を外し、流れる水を見ながらぱしゃぱしゃと顔を洗った 顔を拭いて一息ついたつくしは、トイレから出て 花沢類の姿を探した・・・が何度探しても花沢類の姿が無かった (なんだ・・待ってるって行ってたのに・・・ しょうがないか・・そもそも仕事でこっちに来てるんだし・・ 今はすごい偉い人なんだし・・・ はっ!!・・どうしよう・・・今気づいた・・ 今更だけど、佐々木さんたち置いてきちゃったよ・・・) そんなことを考えながらおろおろしていると 背後から『くっくっ・・』と笑う声がした つくしが振り向くとそこには腹を抱えて笑いをこらえている 花沢類の姿があった 「花沢類!!笑うな!!」 そう言ってもなかなか笑うことをやめてくれない 「じゃあ、もうずっと笑ってれば?」 つくしは花沢類の笑いを止めることを諦めた しばらくすると笑いも収まってきたのか 「あー本当久しぶりに笑った」 そう言って花沢類の笑顔をつくしに向けた 「あっそう!!よかったね(怒」 つくしは嫌味を言うように言ってやると 「だってさ、こんなに笑えたの4年ぶりなんだ・・・」 その言葉に少し罪悪感のあったつくしは言葉につまった 固まっているつくしの手を取り、花沢類は出版社の正面玄関へと向かった 手が繋がったまま、皆のいる前で歩いていく花沢類 出版社という性質上、周りが好奇の目でこちらを見ていた ひそひそ耳打ちしている姿があちこちで見られた それに気づいたつくしは、途端に青ざめ、花沢類の手を振りほどこうとした しかし、ぎゅっと握られている手は強く、離すことが出来なかった (どっどうしよう・・・また新聞とかで書かれちゃったら・・・) そんなつくしの不安をよそに、どんどん正面玄関に足が近づいていく その事がつくしにも分かり、花沢類に声をかけた 「ちょっ、ちょっと!!」 「なに?」 「どこ行くの?仕事は?私、佐々木さんたちの所に一旦戻らないと・・」 手を繋いだまま歩いていた花沢類がつくしの方を向いた 「大丈夫。 何がいいかなって思ってさ。 つくしは大きな交差点を渡り、角を右へ曲がる。

Next

新たな道へ 8

ひとつずつは頼りなげな小さな光。 学生から社会人へ。 。 」 頭を下げた司に、玲人もビックリしていた。 司の視線がまっすぐに、自分の背中に向かっているのを熱く痛いほどに感じて、おもわず振り返りそうになる。 わかるでしょ??何もかもが違うのよ。

Next

新たな道へ 15

「F4って??何?」 「F4っていうのは、梓のの、と、私の父の西門総二郎、こちらの美作姉妹のの、美作あきら、そして花沢物産社長の花沢類、この4人の学生時代の呼び名なの。 <1.さよなら大好きな人> 「元気で」 その言葉に、一瞬言葉を失ったかのような司の表情を、つくしはたぶん一生忘れないだろうと思った。 企画は参加者に合わせた一定期間行われ、参加後の辞退は認められません。 お嬢さんのお名前聞いてなかったわね、うっかりしてた笑」 「あっ、オレも言いそびれてた笑」 「じゃあ、自己紹介してくれるかしら?」 つくしは、梓に笑いかけた。 「ただいま。 「神崎君、今回の件、本当に申し訳ない。

Next