吉岡徳仁。 吉岡徳仁

TOP

SUQQU• 会場では、代表作である「Water Block - ガラスのベンチ」から最新作の「Glass Watch」までのガラスを素材とした作品や、プロジェクトを紹介する映像を展示しています。 「150年前の素材と現代の素材を融合させたらどうなるのか」と考えたものです。 」と綴っている。 配送地域、交通、天候、在庫等の理由により遅延する場合がございます。 エネルギーを知覚化する日本の自然観は、茶道の思想にも受け継がれています。

Next

吉岡徳仁デザイン事務所

木漏れ日とか、この下を通ると 気持ちいいじゃないですか。 ただ、原理的にはできると思っていても、実際には誰もつくったことがない。 「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」展(会期:2011年9月16日〜2012年4月8日)にあわせ、各界をリードするクリエーターの方々に、ペンの写真の魅力について語っていただきます。 2019. そういう精神をトーチとしてひとつのかたちにしたい、それが表現できれば本当の意味で日本文化を象徴するものになると思っていました」 「すべてにおいて新しい挑戦をしたかったんです。 Desalto• アーカイブ• TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」への出演、アメリカNewsweek誌日本版による「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されている。

Next

吉岡徳仁が提案する「フェイスシールド」とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

26 vol. 今回のトーチをアルミニウムにしたのも、金属の本物感が好きというのがひとつ。 人間の感覚を表現する五感とともに、印象的な5分間をふりかえる。 このトーチをつくる時も、人が握る、摑むということを考えました。 吉岡徳仁の生み出す作品は斬新な発想で国内外で高く評価されています。 「ガラスの茶室 - 光庵」 2011年・2015年ー2017年 2011年、第54回 ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展にて「ガラスの茶室 - 光庵」を建築プロジェクトとして発表し、2015年に京都の天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の大舞台に設置された。

Next

TOP

あえて形で表現せずに、ときには風や香りだけで空間をつくったり。 図面で書けないですね、これ。 聖火ランナーが遠く離れたところからも、すごく光っていて、心を揺さぶるようなもの……。 4mm厚) *塩ビは燃焼すると人体に有害な塩化水素が発生するため素材として今回はNG。 僕は、ものを作ることが仕事ではないけれど、こうしてちょっとでもそこに関われることがあればうれしく思う。

Next

【楽天市場】デザイナー > Q

なぜそれに感動するのか分からないとか、ルールがないところに面白さがありますね。 職人さんたちと一緒に、できるかどうかわからないものを試しながら作るところから始めました」 東日本大震災の仮設住宅に使われたアルミニウムの廃材を再利用し、押出成形という技術を用いることにしたものの、最初はなかなかうまくいかなかったという。 03-6455-3576 作家プロフィール 吉岡徳仁 デザイナー/アーティスト 1967年生まれ。 Photo by Yusuke Miyashita <プロフィール> 吉岡徳仁(よしおか とくじん) 1967年佐賀県生まれ。 人気の投稿とページ• また、簡単なものであっても作ってみて分かることがたくさんあった。

Next

TOP

三宅一生に師事後、2000年吉岡徳仁デザイン事務所設立。 今までにみたことがないとてつもないものこそ、感動につながる部分だと考えています」。 建築やプロダクト、インスタレーションなどを幅広く手がけるデザイナー・吉岡徳仁。 カチッとした作りで安定感もあって、個人的にはいちばんつけ心地が良いように感じた。 倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学び、2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。 2018. 現在開催中の「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」展にあわせ、各界をリードするクリエーターの方々に、ペンの写真の魅力について語っていただきます。 ニューズウィーク日本版の誌上で「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれている。

Next