相撲 取組 結果。 取組結果・成績

大相撲

関脇 朝乃山 11勝4敗• 2番相撲以降は、原則として互いに番付の近い相星(同成績)の力士同士を対戦させる。 序ノ口、序二段、三段目と徐々に力をつけてきた若い力士達がが、さらに上の幕下以上の階層に昇ろうと奮闘している姿を見るのも迫力がありますよ。 前頭十二枚目 勢 8勝7敗• 前頭十七枚目 明 生 7勝8敗• 出生地、所属部屋などの基本情報に加えて最高位に通算成績と生涯勝率、そして生年月日に何歳何ヶ月何日と年齢を表記!初土俵年月と大相撲歴まで盛りだくさんに載せています。 また優勝決定戦出場力士が当日の本割で不戦勝となったことも珍しいケースとなった。 どうぞご活用ください。 本当は不満や鬱憤(うっぷん)など、言いたいことは山ほどたまっていたと思う。

Next

炎鵬(相撲)の取組結果と本日の動画【2020年3月春場所】まとめ

に行われた取組編成で、十両以上で通常の取組数より6番(幕内3番、十両3番)少ない幕内18番、十両11番となった。 幕下の取組結果を知りたい方は、その頃の時間帯から日本相撲協会の公式サイトの開催されている本場所をクリックし、『日別の取組・結果』から『幕下』をチェックしてみるか、アプリで取組結果をチェックし始めるといいでしょう。 大相撲の三段目も見逃せない!取組結果は見れる? 大相撲には、幕内、十両、幕下の下に「三段目」、「序二段」、「序ノ口」があります。 (平成12年)3月場所、本来ならあるべき横綱同士の対戦がなくなるという異例の事態が起きた。 ただし、全勝者の番付が離れ過ぎている場合には、星違いの対戦を組むこともある。 ボクシング [6月11日 11:46]• 2014年9月場所、新入幕のが終盤まで1敗を守って優勝を争い、13日目鶴竜、14日目白鵬と横綱に当てられた。

Next

取組

大翔丸• プロレス [6月12日 10:01]• 本場所が始まると15日間、毎日取組が行われます。 勝負は若の里がもろ差しから寄り切って通算805勝目を挙げた。 そのままでは史上初の外国出身力士同士の千秋楽結びの一番は見送りとなるはずだったが、西張出大関霧島も中日8日目から休場(翌場所で関脇に陥落)、結果的に曙と東関脇によって実現することになった。 その稀勢の里は13日目の負傷の影響で本来の力を全く出せず、14日目も敗れて2敗に後退。 また、同じ誕生日の力士がいたり、年齢が同じ力士だったりしたらなんとなく親近感が湧きませんか? さらに誕生日当日の力士を発見すれば、自然と結果が気になりますよね。

Next

取組結果・成績

対力士対戦成績20勝以上勝利:21人(歴代1位)• ボクシング [6月10日 12:01]• 徳勝龍• (昭和46年)6月に取組編成要領を決定し、幕内下位でも大きく勝ち越した力士を、横綱・大関と取り組ませることとした。 すると記者にとって思い出深い1冊が出てきた。 旭秀鵬• 手負いの新横綱の逆転優勝だった。 中入り• 前頭十一枚目 千代大龍 8勝7敗• プロレス [6月14日 10:01]• 日本相撲協会の公式サイトでは、この三段目の取組結果もご覧いただけます。 取組編成会議 [ ] 取組は等に基づき、本場所の進行と並行して、審判部による取組編成会議で編成されている。

Next

大相撲・2020年1月場所(14日目)の全取組結果一覧と各段成績順リスト

但し、発言することは出来ない。 春場所が終わって、約2カ月半がたった。 ボクシング [6月11日 17:24]• 阿武咲• 天空海• 前頭十八枚目 琴ノ若 9勝6敗• 大相撲 [6月12日 7:15]• 照ノ富士• 十両の取組で3番物言いがつき、2番が取り直しとなったため、午後3時50分の幕内が4時30分頃にずれ込み、約40分も遅れたことが原因であった。 稀勢の里が小手投げを決めた瞬間、満員のファンによる大歓声でエディオンアリーナ大阪が揺れるのを感じた。 ケガが完治しない中、貴乃花は同年11月場所を当初は強行出場する意向を表明。 大相撲 [6月12日 7:01]• プロレス [6月15日 1:49]• 但し、欠場者の届出が取組編成終了後の場合は、直ちに取組編成会議を開き改めて取組編成を行うものとする。 同例としては(昭和62年)11月場所7日目に、同じ序二段で力士同士、武田-高見富士の取組があり、同様に削除された。

Next

大相撲・2020年3月場所(千秋楽)の全取組結果一覧と各段成績順リスト

どうぞご活用ください。 2020年3月場所終了現在。 取組編成要領 [ ] 取組編成における決まりは、取組編成要領((昭和46年)7月施行)に表記されている(以下、原文のまま)。 千代大龍• 大相撲 [6月12日 18:41]• 2012年7月場所、14日目終了時点で横綱白鵬、大関日馬富士が14戦全勝で決戦となり、日馬富士が勝ち15戦全勝で3回目の優勝を果たしたが、横綱・大関が千秋楽で全勝対決(15日制以降、優勝決定戦を含む)することは史上初。 プロレス [6月15日 10:00]• この星取表も、アプリからもご覧いただけます。

Next