御高配 意味。 ビジネスメールで頻出!「ご高配」の意味と使い方【例文つき】

「ご愛顧」を使ってはいけない相手は?意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#15】

上司に使う例文としては、「ご高配を賜り、厚くお礼を申し上げます」のように感謝の意味に使った方がよいでしょう。 <ご高配の意味とは> これは、 「高いところに並べる」 という意味になり、転じて、 「相手を敬って、その心くばりをいう語」 として使います。 社内外で幅広く使うことができます。 お世話になったとはいえあまり知らない人だから使わないということではなく、どんな小さなことでも感謝することで相手もあなたのことを大切にしようと思えるでしょう。 「ご高配」の類語 「ご高配」の類語の中でも、特によく使われることが多い言葉の1つとして、「お気遣い」という言葉が挙げられます。 石川ご夫妻の一方ならぬお骨折りに対しましては、何 と申しあげてよいか、お礼の言葉もございません。 今回、「お気遣い」の意味を確認するにあたり、「goo辞書」に掲載されてる「気遣い」という言葉の解説を引用し、参考にしていきます。

Next

「ご高配」とはどういう意味?正しい使い方や用例、使うシチュエーションを解説します

・平素は格別の御高配を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご清栄」に関しては相手の発展を願うものですので、「ご盛栄」と代えても意味はほぼ変わりません。 どんな言葉でも、実際に自分で使ってみなければいまいち理解が出来ないものです。 心遣い」という意味です。 「ご厚情」の英語表現 「ご厚情」の英語は「your kindness」 「your kindness」は「親切」や「優しさ」を意味し、「Thank you for your kindness. そして、この「ご高配」にはいくかの類語があります。 まずは、前述のとおり、目上の人に対して使用するものだということです。 ましてや、普段はそうそう使う機会の少ない言葉ですので、知らない人がいたとしても無理はないでしょう。

Next

「ご高配」の読み方、意味、使い方!「ご配慮」とは?類語や英語表現も紹介

同じような意味の言葉でも、その場のシチュエーションによって言い方を変える必要がありますので、「ご高配」の類語についてもきちんと知っておくことが求められます。 かしこまった場面や挨拶の部分で使うことは多いですが、他にもその場に居合わせた上司に対して感謝の言葉を述べる際に、「課長にはいつもご高配いただき感謝いたします。 目上の人に対する丁寧な言い回し 「ご高配」は、基本的に目上の人に対して使う丁寧な言い回しです。 「ご厚情痛み入ります」を使った例文• 例文1:「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご高配」という言葉は、日常生活の会話ではあまり使用しないものの、ビジネスシーンや公の場では、比較的頻繁に使われる言葉だと考えられます。

Next

ご高配の意味と読み方とは

・ご高配にあずかり、ありがとうございます。 「使わないようにしましょう」というのではなく、「使ってはいけない」のだということをはっきりと覚えておきましょう。 このように、ビジネスにおけるシチュエーションでとくに使われる機会が多いため、「ご高配」という言葉を知っておくと、必要な時にその言葉を直ぐに使うことが出来ます。 例えば会社で忘年会や新年会などの飲み会があった際に、幹事が音頭で「社長には日頃よりご高配をたまわりまして、我々社員一同心より感謝しております。 また、「配慮」は求めるものではないという意見もあります。 この計らいを目上の人にしてもらった時には、「お計らいありがとうございます」などと使います。

Next

一方ならぬ /文例・敬語の使い方・意味

したがって「ご厚情」とは、目上の相手から受けた「厚い情け」や「深い思いやり」を意味しています。 しかし「高承」は相手の承認を指す敬語なので使う場面が限られています。 「ご高配」の意味について触れる前に、まずは言葉の成り立ちから見ていきましょう。 ご高診の程何卒よろしくお願い申し上げます 紹介状では「平素から大変お世話になっております」で始まり、結びの言葉として 「ご高診の程何卒よろしくお願い申し上げます」が使われます。 ビジネス文書では硬すぎる敬語表現になるため、社内よりも社外用に多くつかわれことも。 「ご高配」と同じように使用することができますが、「何かをしてもらった」などより具体的な事柄に対して感謝の意を伝えるのに適しています。 とくに日本人は日頃から手紙やメールの文頭に季節の挨拶や、一言前置きの挨拶を入れることが多いため、「ご高配」もそうした目的で使われることが多いです。

Next

間違いも多い「ご高配」の意味と読み方・使い方と例文

'' 上の例文の「資料」を「見積書」に、「注文書」を「受領書の控え」に変えるなどの応用にご利用ください。 。 ・これからもご高配を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。 面識がなくても「平素より大変お世話になっております!?」 ちなみにこの「平素より大変お世話になっております」という挨拶文は、紹介先の医師へ初めて紹介状を出す場合でも使用さるそうです。 引用の内容から、「高配」とは、他人を敬う表現の1つで、他人の心配りや気遣いを指す言葉だと読み取ることが可能です。 むしろ、メールや手紙といった残るものに書く言葉なので、なおのことシッカリと読み方や意味を押さえておきましょう。 ともあれ、社会人になれば「ご高配」という言葉を使う機会がどこかで出てくるかもしれません。

Next

「ご高配を賜り」の意味や正しい使い方

・ご高配いただき、心より感謝申し上げます。 「このような賞がいただけたのも、ひとえに皆様のなみなみならぬご支援、ご高配の賜物だと感謝を申し上げます。 その後に続く「平素は格別のご高配を賜り」のフレーズは本当によく見かける文で、「普段から特別に可愛がってくださり」という意味になります。 相手の心配りを感謝しつつ、相手への尊敬の気持ちも表すことができる便利な言葉ですね。 とはいえ、会話の中やメールなどでも「配慮」ではなく、やはり「ご配慮」の言い方で使うことが多いでしょう。 他人に対して思いやりの気持ちを持てる人は、優しく、相手の立場に立って物事を考えたり、気持ちを想像したりすることが出来ます。

Next

「ご厚情」の意味は?使い方の例文と類語「ご高配」との違いを解説

目上の人から気遣いや配慮を感じた時には、「高配」という言葉を使うように意識すると良いでしょう。 「ご高配」の一言を付け加えるだけでも、相手に心遣いを見せることになるので円満な関係を築きやすくなります。 この機会に、「ご高配」の正しい意味や使い方を覚えておくと、何かと便利でしょう。 It is very thoughtful of you(お心遣いしていただきまして)• 「ご配慮」の意味と使い方 「ご配慮」の「配慮」は「心を配ること。 また、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」 書き始めとしてはよくある文章なので、このままメールに書き写しても問題ないでしょう。

Next