ふ まけん bl 小説。 二次BL小説 人気ブログランキングとブログ検索

BL小説 人気ブログランキング

/崎谷はるひ• 成瀬かの• しかし、年齢の差は如何しがたいものがある。 「すみません、じゃあ緑茶を下さい。 /椎崎夕• 榎田尤利• 165 円• もっとも全国を探せば、そういう自治体だってあるかもしれないが。 /崎谷はるひ• もちろん、ディルにはとてもそんな真似はできず、平穏な生活を楽しみながらも、番候補に会うのが気が重くてしかたがない。 /榎田尤利• 日向唯稀• 調教・陵辱的なシーンがありますがハピエンです。 ていうかこの主人公のほのぼのとした姿書けるのか……?書けると信じよう、うん。

Next

ホモ・ゲイ体験談&BL小説

藤崎都• 己の欲望に忠実です。 上向きに反る様に勃っており、ガマン汁が光っている。 痛くないならと、カリの部分まで更にめくる。 中原一也• 「またやって欲しい?」 再び首を縦に振る。 /ふゆの仁子• コスミック出版• 「どうしたんだい?入れないのかな?」 男の子は頷いた。

Next

櫻宮の検索結果 フォレストページ

/樋口美沙緒• ディルは次第に、騎士の青年と文官の青年と親しくなり、二人の間で気持ちが揺れることに。 素性を隠しながら持ち前の運動能力とチート級の精霊魔法を武器に、やたらと多い貞操の危機を回避しつつも、好き勝手に楽しく暮らしていた。 あと仕事先の電話は…」 まぁ勤務中であれば、携帯に出られない職種もあるだろう。 /愁堂れな• 330 円• 2019年5月18日 11時 id: - 大好きです!!もっと書いてほしいです!お願いします! 2019年3月18日 11時 id: - すごい良かったです。 「イチモツがものすごく小さい」 それは彼の人生を変えるのに十分だった。

Next

BL小説 人気ブログランキング

/あさぎり夕• 22位• 匂いを嗅ぐと、小便特有のアンモニア臭がする。 家の中に入れないのだろうか? とりあえず、近付いて話を掛ける事にした。 取り敢えず隣国で冒険者として魔物退治でもしながらストレス発散&傷心を癒すぞー! これは旅行先で出会ったお忍び王子と友情を深めていたはずが、気づけば捕まっていたという…そんなお話。 」 俺は諭す様に言った。 しかも、土砂降りと言っていい程の勢いだ。 再び沈黙が訪れた。 /水上ルイ• 百年の恋も冷めるくらいドン引きした俺は、その場のみんなの魅了を魔法で解いて、傷心のまま国を出た。

Next

BL小説 人気ブログランキング

僅か数メートルだったが、かなり濡れてしまったようだ。 家に帰す代わりに幾つかの条件を突き付けられた祐羽は渋々承諾するものの何とかして解放されようと考えを巡らせる。 /榎田尤利• 笠倉出版社• /一穂ミチ• 宏紀は、息を荒くして再び身体をピクつかせた。 幻冬舎コミックス• /水上ルイ• /愁堂れな• /高尾理一• BL同人誌に参加してみたいけれど、機会のなかった方、仲間がいなかった方。 リブレ出版• 「じゃあキスしよっか。 早急に母親に連絡を取る必要があり、大人として放置する訳にはいかなかった。

Next

歌い手さん達でR18

17位• 小林典雅• ウン筋が更に興奮を増長させる。 /神奈木智• /桑原水菜• 新書館• /あさぎり夕• /英田サキ• 高校生の祐羽は、部活の打ち上げの帰りにチンピラに絡まれてしまう。 /高岡ミズミ• フロンティアワークス• 榎田尤利• 会社を出て空を見上げると、灰色一色になっている。 「じゃあ、今日はもっと気持ち良い事しようか。 /秋月こお• 妊娠可能といった前提があります。 毎日20時と23時に投稿予定です。 少年時代、孤児のカイルを慈しんでくれたアルフレートを、裏切って別れた過去を持つカイルは、辺境伯となった彼との再会を喜べず……。

Next

ホモ・ゲイ体験談&BL小説

幻冬舎コミックス• 出来たらいいな(願望) エロエロだったり切なかったりとBLには重い話が多いなと思ったので、ライトなBLを自家供給しようと突発的に書いたお話です。 550 円• 大きさは10cmぐらいだろうか。 小国リンドバル王国の第三王子として育てられたジェラリア。 1,430 円• 幻冬舎コミックス• /若月京子• 」と言う。 でもふまそうも書いて欲しいなと思います。 165 円• /榎田尤利• 」 と声を発し、チンポの先から白い液体が飛び散った。 多分てか絶対。

Next

B L ♂ U N I O N

白泉社• 八十庭たづ• 徳間書店• そんな『しきたり』から始まった婚約破棄騒動。 一つ屋根の下で始まるほのぼの年の差ラブ。 なんか…その……あの、じわじわ開発されてく感じ。 /夜光花• 新書館• 「濡れて気持ち悪いだろう、風呂沸かすから待ってな。 Jパブリッシング• ブリーフのゴムに両手を掛けて、ゆっくりと下ろす。 けんしょりの激裏でできますか? 新書館• 」 俺はミルクたっぷりのカフェオレを作り、男の子に差し出す。

Next