小岩 ファンク。 ファンク

ファンク

エフェクターのボリュームを5以上にして、手元でボリュームを絞ってクリーンにした時にエフェクトオフと同じ位のセッティングになるようにして使うのがおススメです。 ハウリングの恐れのない環境でご使用の場合など、自己責任でご利用ください。 低電圧でファズのようなサウンドを楽しむもよし。 私は「とりあえずお任せ!」的なオーダーはせず、ナット溝の具合やネックの反り加減と弦高との兼ね合いなど、自分の好みに合わせて仕上げてもらいたいタイプなのですが、これまではそれをうまく言葉で表現してリペアマンさんに伝えることができなくて期待どおりにならないことも多く、残念な思いをしてきました。 その原因は単純で、ストラトキャスターが生まれた時代の3弦は巻き弦が主流で、芯線の細さによりピックアップが振動を拾いづらく、出力バランスをとるために3弦のポールピースを高くしたためです。 でも今はいくら綺麗といっても海と空は繋がっていますので、完全なクリーンは難しいと思うんです。 手に入れてから育てていく感じだ。

Next

【試奏】奇跡の修理!FENDER JAPAN FAT 1 ギターアンプを鳴らすぞ!

機材のハンドメイド、開発を通して全く新しい音づくりを目指している。 またギターは木ですので、経年とともに、弾けば弾くほど「鳴る」ように、そして安定してきます。 深夜の通販で、「ボタン1つ!これ一台で調理から炊飯まですべて出来ちゃいます!」という便利な鍋を紹介してて、「お〜、ご飯もおかずも作れるなら買っちゃおうかな〜」と思ったんですよね。 昔ながらのラグ板を使ったパーツトゥパーツで回路を組み、サウンドの肝となるコンデンサーには電解コンデンサは用いず、セラミックのアタック感のある硬質なサウンドとフィルムのミッドの艶を混ぜることでこのサウンドを作りこんでいます。 また楽器の修理だけではなくオーディオ、レコーディング機器の修理、製作にも力を入れている。 笑 今は医療技術の発達で寿命は伸びていますが、人間そのものの素材ってどうなんだろうな~って。 今お手持ちのギターもピックアップやパーツの交換で、音・見た目も激変させることが出来ます。

Next

スタッフ紹介

まず、僕がヴィンテージギターに初めて触れたのは上京してギター製作の専門学校に通っていた時です。 その後独立し、リペアショップ兼リハーサルスタジオ、ライヴハウスを開業。 PA機材レンタル、オペレーターでの業務や楽器販売、様々なバンド活動経験を経て本当に使えるサウンド、機材、セッティングを学ぶ。 そこで、現代のシーンに対応しつつ、ヴィンテージのフィーリングを持った手巻きピックアップを製作しました。 メンテナンスはギターを蘇らせるだけではなく、 チベーションを上げてくれる技術でもあるんです。

Next

動画有り!実践!プリ管12AX7の音質比較

4 96. 未だガラケーを貫き通すアナログ大好き人間。 入り浸っていたリペアショップがあり、そこでさまざまなギターやアンプに触れさせて頂くことが出来ました。 常識を打ち破った仕様で、さらに実用的なサウンドを得ることが出来ます。 こちらの動画でも話題に上がりました。 3 うって変わって低音もしっかり出ているし、音のまとまりも良く、付け入る隙なし。 ベストな状態で弾く事がプレイにとってもギターにとっても良い事だから。 ネックをまっすぐにして、弦高を調整して、フレットに山を作って弦を押さえやすくする。

Next

鳴りってなんやねん!

ボリューム5以下だと美味しいポイントが出にくいので注意。 プレイヤーとしてもギター、ピックアップ、エフェクター、アンプと全 て自作のこだわりを注いだサウンドでロック、ポップス~ノイズ!?まで幅広く活動し、ブルースを基調としたプレイは定評がある。 まるでプリアンプに12AX7を追加したようなリアルなブーストが得られます。 1 101. 高校卒業時にギターと一生付きあって行きたい! ギターからアンプまで全て自分で作った機材でギターを弾きたい! という夢を抱きギター製作学校へ進学。 その後も別のギターやエフェクターのリペアもお願いしており、永いおつきあいになりそうです。

Next

鳴りってなんやねん!

ちょっと話はそれましたが、そんな感じで昔は資源も豊富で木の質も良い、今では手に入らないような木が使ってあるという事ですね。 魚食ってます!といった感じがします。 しかし何と生鳴り、プレイアビリティまで生まれ変わる程の効果!もう自分で調整するのは止めた〜! 続けてネックが捩れて音詰まり、ナットがピキピキ鳴る、モッサリとした音の58Rをお願い、レスポンスが微妙なコイツを素晴らしいレスポールに蘇らせていただきました。 そんな中、フェンダーだけでなく他のリプレイスメントピックアップを販売しているメーカーもそのアンバランスな設計を長年踏襲し続けている現状です。 フェンダー系のギターのネックポケットでは割と普通に見かけます。

Next