徳島 新聞 夕刊。 徳島新聞夕刊など★(修)の視点

夕刊フジ

/新しいお店や事業所を興した方などにインタビュー。 サンテレビのリモコンキーIDは本来3だが、徳島県内ではNHK総合とIDが重複し、空きチャンネル9に割り当てられるため。 (水曜)• - 『Yes! - 『再発掘 人物日本史』(連載『』)の姉妹編。 (以上の各局は以前は平日にも掲載されていたが、紙面スペースの関係で割愛され、ラジオにいたっては2011年7月より産経が直接関係するラジオ大阪のみになった) 発行所 [ ]• 1月 朝刊25万部• - 他で平日夕方に放送されている情報番組。 (新聞統合、1県1紙制)により「徳島日日新報社」と「徳島毎日社」が統合し「株式会社徳島新聞社」が発足、12月15日付夕刊より『徳島新聞』を発行• 2016年10月20日閲覧。

Next

徳島

最終面が広告になっている。 だぜ』• ただし、連載コラムでは元号のみで表記しているものもある。 気温は高く、降水量はほぼ平年並みの見込み。 2013年2月8日閲覧。 日付は終面題字部以外、欄外において全て(平成19年2月1日)のようにのみ表記していたが東京版のみ以降は西暦(元号)に変更し、記事中では原則として元号表記から西暦表記に改められ、止むを得ない場合に限り「西暦(元号)」表記を行うようになった。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。

Next

徳島で風俗店勤務の20代女性が感染 発熱後にも接客 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

からはの『』が連載されていたが、からはの『ねえ、ぴよちゃん』が掲載されている(ブロック紙3社連合や神戸新聞、中国新聞、河北新報、、でも掲載)。 小松島支局:新港• ほとんどの新聞の例に倣えば周波数順のため文化放送が頭に来るはずが、資本関係からかニッポン放送が先。 4月 を廃止し、朝刊単独紙に移行。 6月 「株式会社徳島新聞社」が「社団法人徳島新聞社」に改組。 (1)、(徳島局)(2)、()(3)、(4)、(6)、(8) ハーフサイズで掲載• - 日替わりで水曜担当• その日の新聞は休むが、翌5日付から発行• 徳島市阿波おどり、徳島マラソン、徳島駅伝、こども野球のつどい、徳島県サッカー少年団大会、はな・はるフェスタ、徳島ラーメン博覧会、おぎゃっと21など多くの徳島県内のイベントを主催。 読者の「知る権利」に応え、役に立つ情報を分かりやすく提供して、徳島県民になくてはならない存在であり続けたいと考えています。 徳島新聞社 [ ] 『徳島新聞』は新聞社としては珍しく一般社団法人として法人格を有する団体「 一般社団法人徳島新聞社」が発行している。

Next

徳島で風俗店勤務の20代女性が感染 発熱後にも接客 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

正しい情報を得ながら「過度に恐れず油断せず」、危険な「新型&晋型」ウイルスの終息めざして、明るく元気に過ごしたい。 4月 編集システムを強化(処理能力が従来の5倍に)• 大阪版 [ ] フルサイズ• 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 「徳島新聞住宅総合展示場 松茂ハウジングパーク」を運営。 「新聞で見るとくしま 20世紀こぼれ話」(『徳島新聞』1999年5月1日から2001年2月10日まで連載)• また、内ではの売店で前日発行のC版が朝から販売されている。 zakzakGravure -. また東京版では欄外の日付は細く、関西版では太くなる。 首藤貞吉により『徳島毎日新聞』創刊• 田園風景が広がる阿波市阿波町早田に28日、観光農園「AWAブルーベリーファーム」がオープンする。

Next

徳島新聞が3月末で夕刊を休刊、66年間発行を続けるも 不景気ニュース

女性は15、16両日に大阪市内のホストクラブを訪れ、17~25日は徳島市内の店舗型風俗店で接客をしていた。 号(発行)から、1部売りが120円から130円に、号(発行)からは130円から140円に、号(発行)からは140円から150円に値上げした。 - 「ニッポンの新常識」を連載• 3月 版を鉛版から合成樹脂版に切り替え• 読者らの意見を聞く窓口のお客さまセンターの仕事も担っています。 (プライム・ライブ・シネマ) ハーフサイズ(フルサイズの端)• に関するの1998年の判決によれば、夕刊フジは「途上の会社員などを対象として、専ら読者の関心をひくように見出し等を工夫し、主に興味本位の内容の記事を掲載している」。 全員快方に… (2020年6月26日 14:47)• これはできる限り締切を遅らせることによって、前述の東京証券取引所の終値などの記事の掲載を可能にするための措置であった。

Next

徳島新聞

原作・作画 - 『』((現・メディアファクトリーBC)から発売の単行本からの再録) 番組表 [ ] 東京版 [ ] フルサイズ• 昭和64年1月7日早朝にがし、翌1月8日より元号は「」とされた。 また、当日ではなく、翌日の日付で発刊していることも特徴である。 大阪支社:• 1月 週刊「阿波っ子タイムズ」をタブロイド版にて創刊• ()建設・見直しには一貫して反対していた。 オレンジ色に抜きの題字は、号(発行)から消滅した。 また店に対して、17~25日に店を訪れた客や従業員に検査などを呼びかけるよう求めている。 「公共の福祉を守る」「社会に先駆する」「文化の灯となる」「県民と共に行く」「まず自らを試す」 を信条としている。 県は、女性の知人男性1人と勤務先の店長を濃厚接触者と判断した。

Next