ニュースで英語術 スクリプト。 「NHKニュースで英会話」の特徴、勉強法~生の英語を動画・日本語解説付きで始めよう~

英語リスニング練習にNHK WORLD RADIO JAPANがおすすめです、その理由7つ

生の英語のスクリプトを聞き、日本語の解説を読んで英文を理解し、声に出す、というサイクルを大体30分で完結できるので、勉強する気がおきない日でも、「まぁ、30分程度ならやっておくか・・・」という気持ちで取り組めていました。 初心者にはちょっと難しいかなとは思うのですが、扱っている内容が日本関連のことなので、ある程度馴染みがある事柄かと思います。 もちろん、学習者が読めるように簡単な定義になっているので、このサイトを利用しよう!と思っている人はぜひ目を通しておいて下さい。 CNNやBBCなどの海外ニュース番組だと、馴染みのない話題が多くて難しかったり、退屈に感じることがあります。 定期購読者の方は、ニュースの英語読み上げ音声などが利用できる専用サイト「」を使えます。 ネイティブ向けのニュースサイトであって英語学習者用のものではないので日本語訳や解説などは一切ありません。

Next

【無料】英語学習者のためのおすすめ英語ニュースサイト11選

講師 柴田真一(しばた・しんいち) 神田外語大学特任教授。 4.時事ネタの英語に強くなれる ニュースの内容は、日本国内の時事ネタを取り扱ったものが多く、外国人に日本文化や日本の時事ネタを説明するための単語を吸収できます。 これも続けるとすごく効果的なトレーニングですのでやってみて下さいね。 各記事にはLevel0からLevel6までの難易度が設定されているためご自身のレベルに合わせて学習することができます。 。 しかし、スマホアプリに便利なものがあり、VOAの音声ファイルやテキストをダウンロードしてくれるものが登場しています。

Next

英語学習に「BBC」と「VOA」を使わないのは絶対に損!

スクリプトの方では、ニュース・時事ネタの英文が文字として確認できます。 面倒くさい登録とか一切いらない 2.もちろんスマホにも対応。 有料ですが、一度購入するとその後の課金は一切ありません。 「NHKニュースで英会話」をおすすめするポイントは、具体的には以下の6つの理由からです。 使い方 お使いのスマートフォンにダウンロードし、学びたい講座を選択することで学習を始められます。 使い方 スマートフォンにダウンロード後、視聴可能です。

Next

英語初心者でも多読学習などに使える、無料のおすすめ英語ニュースサイトなど4選!

現・ジャーマン・インターナショナル代表取締役。 ほとんどの記事は数行程度の短いものなので、これから英語ニュースで学習を始めようという方にもおすすめです。 「ゆっくり」のWPM120は初級者向きの音声スピードだと言えます。 。 Voice of America(VOA とはどんなサイト? というのは、アメリカの英語放送のサイトです。

Next

誰でも読める英語ニュース 初心者からの難易度別ガイド

いつでも好きな時に好きなだけ勉強できるし、日本人向けのニュースが基本になっているので、こういった ニュース系の学習素材としてはピカイチだと思います。 ネイティブのナチュラルスピードの英語を聞く前に、VOAでゆっくりとしたネイティブ英語をたくさん聞くことで、リスニングの力をステップアップしていくことができると思います。 今振り返れば、やってよかったなと実感しています。 1分間でどれくらいの単語数か知ることができる。 の入った5月も祭日関係なく月~金で更新されていました。 オンライン翻訳機能もついてます。 VOA にはコンテンツの外部提供に寛容であるという特徴もあります。

Next

【NHK ニュースで英語術】活用方法とおすすめの学習をレベルごとに英語コーチが徹底解説

BBC Learning English は、 BBC が報じたニュースを教材として利用します。 記事の一番下には、ディスカッショントピックが10以上用意されていて、スピーキングを鍛えたい方は積極的に取り組むのがオススメです。 VOA でもニュースのスクリプトや重要単語リストが用意されています。 ただ、ネイティブ向けのコンテンツなので、せっくのいい話も、初心者には理解することが困難なのが残念な点。 使用されている語彙レベルもそこまで高くなく、日本語のニュースなどで既に自分の知っている話題も多いのも手伝って、思ったよりも読みやすいと感じるはずです。 このサイトは他にも機能がいっぱいあります。 しかし、「子ども向けはちょっとなぁ…」とあまり気が乗らない人っていますよね。

Next