ソレイマニ。 ソレイマニ司令官殺害と米イラン関係の行方:朝日新聞GLOBE+

米軍が殺害、ソレイマニは大量殺人テロの親玉だった 「米国vsイラン」危機の深層(1/4)

ソレイマニ イラン司令官 のイメージは日本でいう所の「山本五十六」や「東郷平八郎」のような立ち位置で、イラン国内だけでなく国外の武装勢力とも結びつきが強く、カリスマ性があった• 刑法上の正当防衛は、ある人間の物理的身体への攻撃に対する反撃だけに限られるだろう。 つい最近には、イランの息がかかったイラク政府の汚職と無策に対し、イラク国民が街でデモ活動を行った際、アラブニュースの報道にもあった通り、ソレイマニはバグダッドに飛び立っている。 イラク内で強まる「反イラン」 だが筆者は、「ソレイマニ司令官が暗殺されたことでイラク発石油危機が勃発するのではないか」と懸念している。 アルゴという映画にもなっていますが、なんと444日も占拠し続けました。 こうした戦績が評価され、革命防衛隊の中でも頭角を現し、クッズ部隊を任されるようになった。

Next

【解説】 ソレイマニ司令官殺害 なぜイスラム国に朗報なのか

ソレイマニ将軍は2018年7月、トランプ大統領を名指しで「もしアメリカがイランを攻撃したら、我々は米国の所有するすべてを破壊するだろう」()と警告した、恐るべき胆力と勇気をもった人物です。 不相応な形での反撃もあり得る。 Kechichian)氏は「今後、民族主義による求心力を強化しなければ、親イランのシーア派指導部は著しく弱体化する可能性がある」と大紀元の取材に語った。 そして約5年前、彼は自分への評判に自信を持ったらしく、本性を現すようになった。 1979年の同じ年に、アメリカ大使館占領事件が起こります。 そんなイラン実質ナンバー2のソレイマニをアメリカ国務省は日本の山本五十六に例えています。

Next

ソレイマニ司令官暗殺、“イラク発石油危機”の兆候…原油価格高騰、イラクが無政府状態

ゆえにイランが反撃するとすれば、典型的な非対称戦、つまりゲリラ的な攻撃やテロ、サイバー攻撃などの様々な手段を使ったハイブリッド戦のようなスタイルの攻撃を仕掛けるのではないかと思われる。 PMFはイラク政府の軍や治安部隊、警察に匹敵する勢力となり、IS敗走後のスンニ派地区で住民を虐待するなど、暴虐の限りを尽くした。 一連の事件は、一続きの流れの中で起きている。 現在のところ、イラン側からは何も示唆するものはなく、イランもどのように対処していくのか、これから戦略を練り直す段階にあると考えられる。 暗殺されたソレイマニ氏はイラクの親イラン勢力の立て直しのためにバグダットに入っていた(1月4日付日本経済新聞より)が、イラクでは昨年10月上旬以降、生活苦を訴える大規模な抗議デモが続いており、「無政府状態に近づいている」といっても過言ではない。

Next

ソレイマニ司令官暗殺、“イラク発石油危機”の兆候…原油価格高騰、イラクが無政府状態

中東の情勢が危険になる中で、2016年にオバマ大統領がイラン核合意を締結します。 しかし1つの疑問が沸き起こります。 イランは報復に出るだろう。 AUMFが有効であるため、革命防衛隊のメンバーであるソレイマニ殺害に議会の承認は不要だが、 Gang of 8には事前に相談するのが慣例になっている。 「多くのイラク当局者が、ソレイマニと個人的に結びついていた。

Next

米軍が殺害、ソレイマニは大量殺人テロの親玉だった

準備はできている』 トランプ大統領がこれに激怒したのが2018年7月26日のことだ。 確かにソレイマニと関係の深いカタイブ・ヒズボラが2019年末に米軍施設をミサイルで攻撃し、それに対して、アメリカはカタイブ・ヒズボラの施設を5ヶ所攻撃した。 しかし、イランはアメリカと正面から戦争をすることは可能な限り避け、少なくともイランからアメリカの攻撃を誘発するようなことはしないと思われる。 しかし「ソレイマニ殺害でAかBかCか……いやDになるかもしれない。 ただ、トランプ氏は再選を狙うオバマ前大統領が投票日の直前にイランカードを使用して戦争を仕掛けてくるとみていました。 とテヘランやイラク国家との関係に劇的に影響を与えると予測される。

Next

米軍が殺害、ソレイマニは大量殺人テロの親玉だった

イランの要人を標的にし、アメリカがイランとの戦争を始めようとしているとの批判に対し、大統領はソレイマニ司令官の暗殺を擁護し、アメリカが地域でのイランの影響を覆そうとしているという主張をかわした。 これからますます、加熱していきそう。 中国最高指導部に衝撃 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語版は10日、ソレイマニ司令官の殺害で、中国最高指導部に衝撃が走ったと報道した。 強烈な郷愁を感じます。 ジェームズ・マティス前国防長官らトランプ氏の直情径行をいさめる「大人」が消え、イエスマンが固める政権の弱みが浮き彫りになる。 日本の自衛隊派遣によってそうした監視が強化されるのであれば、紛争拡大の抑止に貢献することになるであろう。

Next