稲葉貞通。 稲葉良通~稲葉一鉄・頑固一徹の語源である西美濃三人衆~多才な人物で信長に好かれる

稲葉良通とは

秀吉の晩年にはとなる。 女子:玉雲院 - 室• 織田信長が駆けつけるも 斉藤道三の娘であり、斎藤義龍の妹である帰蝶は尾張の織田信長に嫁いでいました。 ところが龍興は一部の重臣を贔屓して、西美濃三人衆らを遠ざけます。 12年()、に参加し、その功績で内に知行を加増された。 名を通以 みちもち 、通朝 みちとも 、貞通 さだみち 、長通 ながみち 、良通 よしみち と改めた。 58歳。

Next

ˆξ—t‰Ζ

右京亮 うきょうのすけ 、伊予守 いよのかみ を称し、入道して一鉄。 稲葉貞通は、1603年9月3日に死去。 すると、稲葉良通(一鉄)は美濃国人衆に呼びかけて に甥の斎藤利堯( の四男)を擁立し、 に対して独立を保とうと画策しました。 高橋照夫『稲葉一鉄』• 1567年、三人衆は信長へ内応し、稲葉山城の戦いで美濃からの敗走を決した。 113• 『戦国武将の健康法』 新人物往来社、1982年。 徳川勢は朝倉勢を圧したが、織田勢は浅井勢に圧されたので、一鉄が駆けつけ浅井勢の右翼を崩し危急を救ったという。

Next

牧田の戦い~丸毛兵庫頭・稲葉備中守等奮戦の地「稲葉貞通」も

弘治2年(1556年)。 112• 志賀の陣では軍使も務め、 元亀2年(1571年)の長島攻め、 翌3年(1572年)に摂津交野城の後詰め、 元亀4年(1573年)の の戦いでの一方の先鋒、 天正元年(1573年)の の戦いでは、 を追い詰めるなど各地に転戦して 武功を発揮したことによって、 美濃 を新たに与えられています。 1643年(寛永20年)9月14日に享年64歳で死去。 男子:• 食事を与えた後、自分を含めた美濃の武将が領土と家名を守るため如何に苦難しているかを聞かせ、自分の陣中を見せて金銭を与えて釈放した。 【一鉄となる】 なお、姉川の戦いでは先陣を務めていたとの事です。 (利政)の娘婿・ は、 尾張国を統一して、永禄3年(1560年)に で勝利し、 を敗死させると、 美濃攻略の機会を伺っていました。 一鉄は美濃清水城に移りました。

Next

稲葉良通~稲葉一鉄・頑固一徹の語源である西美濃三人衆~多才な人物で信長に好かれる

【家督、譲る】 天正7年(1579年)、家督と曽根城を嫡子の貞通に譲り、 美濃清水城に移ります。 その証拠として、斎藤道三は正室との間に誕生した斎藤義龍の弟である孫四郎や喜平次を溺愛していたのです。 初めはのに仕えていたが、に寝返り、以降その配下として活躍した。 なお、姉・は、最初は頼芸の側室であったが利政に譲られ、義龍を産んでいる(『美濃国諸家系譜』)。 この戦いは長良川の戦いと呼ばれています。 本来であれば本領安堵程度のところ、徳川家康は、4万石から5万石と加増して豊後・ 主を命じた。 間者はそのため、一鉄を「誠の仁者」であると主君に報告したという。

Next

稲葉良通とは

斎藤利三夫妻の小五輪石塔がある。 家臣がそのことを尋ねると、「我が家祖の塩塵(通貞)は飢えながら諸国を遍歴していた。 なお、稲葉貞通は、 に備える為、信濃・ の守備を命じられていたが、この時、芋川親正が煽動した一揆により窮地に陥った。 天正16年(1588年)11月19日、美濃清水城にて死去。 ちなみに、江戸幕府にて権勢を誇った「 」の母は、稲葉一鉄の娘です。 1582年、光秀の織田信長に対する謀反の本能寺では、光秀を諌死 かんし、死んで諫める して容れられなかった。

Next

稲葉一鉄(稲葉良通)とは 稲葉貞通 深芳野も 西美濃三人のひとり

126• 美濃の国人・稲葉通則の六男として生まれます。 拙者も実は暗殺されると思いましたので一人ぐらいは道連れにしようと思っておりました。 天正12年(1584年)。 そんな訳で氏のは氏と同じ(折敷に三)であり、の「通」も共通している。 信長は返すように命じたが、光秀がこれを容れなかったため髷を掴み突き飛ばした。 一度は和解となったものの、永禄10年()8月1日に三人衆と連盟で斉藤氏の配下から離脱し、織田信長に組している(『信長公記』)。

Next

稲葉貞通

しかもこの成果について、治療実践に際する用途を三例に区分し、その症例と薬種の配味・効能を書き留めている。 祖父・稲葉通貞は伊予の名家・河野(こうの)氏の一族。 そのため天正10年(1582年)5月27日。 なお、稲葉一鉄の正室は三条西実枝の娘で、のち家督を継ぐ いなば-さだみち が1546年に生まれている。 稲葉一鉄が頑固だったことから「頑固一徹」の語源になったともいわれます。 院号は貞通の法号「智勝院殿一等玄規大居士」による。 ところが、慶長十二年(1607)、京都の祇園で遊興中に問題を起こし、幕命によって改易、流罪の処分を受け、配流先で病死した。

Next

稲葉重通

白の直綴に黒の薄物の道服を重ねている。 の庶長子。 1585年、秀吉が関白になり従三位・法印に叙された。 これに対して、美濃守護であった は、栗原山まで軍を進めたと言います。 また、稲葉一鉄は娘婿の揖斐城主・堀池半之丞を攻撃して支配下に置くと、この時、孫の福 を稲葉家に引き取って、稲葉一鉄の側室の子・稲葉重通が美濃・清水城 12000石 にて養育したようだ。 福 春日局 は、のちに稲葉重通が養子に迎えていた稲葉正成の継室となり、稲葉正勝らを産んだ。 10時45分 月桂院から一鉄と同じく「西美濃三人衆」と称された安藤守就の居城であったへ向かう。

Next