種苗 法 柴咲 コウ。 柴咲コウが火をつけた「種苗法改正」なにが問題だったのか(SmartFLASH)

柴咲 コウ「種苗法」反対で共産党系だということが判明しTwitter炎上まとめ!

本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。 藤井聡らTPP亡国論などを喚きたてていた連中が指摘していた「外資ガー!」「モンサントガー!」「日本が売られる~!」という事態ですが、 種子法廃止の公布がされて3年、廃止が施行されて2年が経ちましたけど、そういう事例はありましたか? 元農水大臣山田正彦のデマ記事 種苗法の詳細については、例えば元農水大臣の山田正彦氏のこちらのインタビューをご参照下さい。 日本の官僚の中には、国家の利益を平気で売りわたす売国度がいるとしか思えません。 このため、海外で品種登録されていない場合は、その国で育成者権は主張できません」 「対策としては、種苗などの国外への持ち出しを物理的に防止することが困難である以上、海外において品種登録 育成者権の取得 を行うことが唯一の対策となっています」 農畜産業振興機構HPより つまり、シャインマスカットのような優良品種の海外流出を本気で防止したければ、今回の改正案は直接的な対策にはならないというのです。 それでも、果樹の民間育種では、利益は数十万程度。 また、自由に自家採取されてしまい、海外に流出して第三国でブランド化してしまうと日本から海外への農作物輸出で得られる利益も極端に少なくなるかもしれず、新品種の開発が停滞する可能性がございます。

Next

種苗法改正案、今国会成立を断念で柴咲コウのツイートが炎上のわけ

これは、他人事ではありません。 1つは、新品種を登録する場合、輸出先や栽培地域を自分で決定できること。 「農水省はシャインマスカットの種子が海外に流出した例を挙げて、流出を防ぐためには種苗法の改正が必要だと主張しています。 さらに付言すれば、種苗法の一部改正を行い、登録品種の権利を守らないと、新品種の開発に対する意欲が失われ、なおかつ新品種の開発の結果得られるであろう利益も失われる可能性がございます。 ブランド化や流通が難しいと思います。 しかし、こうした(大豆のような)影響が大きくなるかもしれない作物の例は農水省のサイトには掲載されていません」(山下氏) また、国は日本のブランド農作物の国外流出を防ぐための法だとも発表しているが、実際の農業現場から落胆の声が聞こえているようで……。

Next

柴咲コウが種苗法で炎上した事件を今知りました。なぜ炎上したんですか?

皆さんはどう感じられたでしょうか。 この話は、例えば、アメリカの悪魔企業といわれる例えばモンサント社が、どんなことを行って利益を上げてきたかを見ればわかります。 リスクを減らすという意味で、もう一度国内の生産力を高めることが大事になってくるでしょう」(白井さん) 目指す地点は一緒だが、賛成派と反対派の議論がかみ合わないのは、この法案がほとんど国民の間で議論されてこなかったからだ。 出典: 画像では発行年が見切れていますが、2010~2019年の間に発行されたものと推測されます。 引用元: 上記の農業協同組合新聞によると、種苗法の一部改正案においては実務的なデメリットがあるようです。 加えて同日、「種の開発者さんの権利等を守るため登録品種の自家採種を禁ずるという認識ですが、何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。 「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています。

Next

柴咲コウ、事実と異なる記事には「法的措置も」 種苗法発言に改めて言及: J

今回の一部改正案でそれを付加することになるそうです。 。 現実には種苗法で日本の種子は守れない」とも話す。 グローバリズムに賛同する立場の者であれば、種苗も国境を越えていいはずですし、自由な農業を推進するはずです。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 誰でも知っている「コシヒカリ」をはじめ、農作物にはさまざまなブランドがある。

Next

柴咲コウが火をつけた「種苗法改正」なにが問題だったのか(SmartFLASH)

「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正であり、もちろん海外での品種登録も進めたいと考えています。 海外流出時に技術的に困難となっている権利侵害の立証を容易にする• アンケート調査では、農家が自家増殖を行う理由には、「従前から慣行として行っているため」という答えに次いで「種苗購入費を削減するため」が上がっています。 柴咲 コウさんが14歳の時にスカウトされ、高校卒業後スターダストプロモーションに所属。 改正のキーワードは「グローバル化」 種苗法は「しゅびょうほう」と読み、植物の新品種の保護が法律の目的となっていて、1991年に改正されています。 東京大学教授の鈴木宣弘氏は次のように指摘する。

Next

種苗法改正案、今国会成立を断念で柴咲コウのツイートが炎上のわけ

ご了承ください。 引用元: 上記でも軽く触れましたが、この種苗法で保護される品種というのは登録品種であり、一般品種の自家採取などは自由なのだそうです。 自分たちの食卓に直結することです」と、国会審議されていた種苗法改正案について意見を述べた。 (もしそれにより困惑してしまった方がいらっしゃったら申し訳ないです。 「そうしていくことによって、当初のものよりも、より磨かれて抜け目のない強い決定になっていくはずです。 種苗法の一部改正案の概要を理解すればするほど、グローバリズムへの反逆という側面があり、種苗に関する特許法のような性質がある法律なのだと理解するに至りました。

Next

柴咲コウ種苗法改正発言に乗っかる藤井聡と山田正彦のデマ

つまり、日本の財産が勝手に持ち出された、ということだ。 *一般品種とは、在来種、品種登録されたことがない品種、品種登録期間が切れた品種です。 自分たちの食卓に直結することです」 引用元: 柴咲コウさんが種苗法についてツイートされているという情報が私のTwitterにも寄せられておりまして、本当に嬉しい気持ちになりました。 種苗法とは、一体どのような内容なのか。 )」と前置きした上で、 「しかし事実とは異なる投稿、提造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」との姿勢を示した。 農業も、市場原理のなかで動いていますから」と話す。

Next