騒音おばさん 創価。 騒音おばさんは被害者だった…実は創価学会員による集団ストーカーに立ち向かっていただけだった…

「騒音おばさんの真実」ってデマだったんですよね?

あるいは、そういうものを全くの偶然の一致として、そういう集団ストーカーはあくまで妄想かもしれないが、騒音おばさんへの嫌がらせは真実だと、そういうことも可能でしょう。 懲役1年8ヶ月の実刑が言い渡された。 翌年、主婦は被害者夫婦の隣の住民とけんかになり、両者の争いは裁判にまで発展したが、このときは被害の大きかった主婦側が勝訴し、敗訴した隣の住民は引っ越していった。 で、そういう類の嫌がらせを調べていくと、そういう嫌がらせはがよくやるらしいということを知ったので、による嫌がらせだと思うようになったと。 あのおばさんというのはどういう立場だったんですか?テレビでは何にも報道されていないものが、ネットの世界では色々言われておりますよ、んでネットの世界に氾濫している情報を総合するとですね・・・テレビはあのおばさんをおもちゃにしたのではないかと、バラエティ番組から果ては、お笑い番組にまであの映像が流れていましたよ。 多くの場合、メーカーサイトからのダウンロードです。 でもだからといって、テレビが酷いからネットが良いなんてことは絶対に言えないわけです。

Next

騒音おばさん (そうおんおばさん)とは【ピクシブ百科事典】

二人とも30代の若さで帰らぬ人に。 裁判長は、「傷害の確定的な故意があり犯行は陰湿。 現在こうなってる!?みたいな言い方をすれば、ほとんどの人が「ああ、あの人か。 音MADおばさん MUGENおばさん 騒音おばさんの真実 騒音おばさんは加害者ではなく、 被害者であるという説がある。 いや、誰でも思うよ、その状況なら。 NHKの番組に出ていた浅野氏は、「ネットの話を総合すると……」という風に語りました。

Next

騒音おばさんは被害者だった…実は創価学会員による集団ストーカーに立ち向かっていただけだった…

当初は、組織防衛のための広宣部を結成したことが、いまでは積極的に反対者への恫喝、圧力を加える組織へと移行しているようです。 こんなくだらないケンカ、他人まで巻き込みたくない」 ----転載終わり---- 『私のコメント』 脊髄小脳変成症で夫と娘2人を亡くしているのは事実のようです。 2005年11月16日• ブログ主さんもブライティングの手法で攻撃されていたと拝見しましたので、そう思われても自然でしょう。 逮捕容疑では2002年11月から2005年4月に逮捕されるまで、からや、などの音楽を大音量で24時間流し続けた。 オウムは組織防衛のために、坂本弁護士を一家もろとも惨殺し、教団を批判し、告 発する週刊誌編集長やジャーナリストの命を狙ったものだ。 2006年4月22日• しかもその一人二役学会員はバレてる事を指摘されると逆切れして言葉汚く暴言ばかりなレスするし、一体創価学会は何を教えているんだろ? それに、創価学会って日本一巨大な宗教などと言ってるけど信仰しない名前だけな幽霊信者が日本一でもあるよね。

Next

騒音おばさんについての質問です。

基地外がわめいてるとテレビで放送され、全国の学会員達は大笑い。 2011年10月17日閲覧。 だいたい警察が自分が相談受けてるのに市役所とか弁護会か何かに相談した方が良いですよなんて良い人ぶって責任転嫁?たらい回しで腐敗してる組織なのを相談する度に実感させられます。 近所30人を連れておばさん宅へ抗議• そこが難しいんですけれど。 実際の所、この騒音おばさんが実は良い人で、被害者夫妻以外に問題を起こしていないことからも、現在では伺い知れませんが、当時は真実が隠されていたのではないか?なんて言われたりもしています。 my日本より引用 やはりテレビと創価は悪のコラボだった!、my日本の桜庭氏を殺したのも騒音おばさんを 悪者にして叩いたのもテレビと創価が癒着してるからである。

Next

奈良の「騒音おばさん」は創価学会の集団ストーカーの被害者。: 怒りの10式暴走戦車!

しかし、「激高した民意」は司法に影響力を持ちうる可能性を示唆する怖さを、我々に感じさせました。 2008年4月17日• 』 公明党委員長 矢野絢也(著) 黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録 『各部門と連動しながら、スケジュールを組んでの連続的な組織的犯罪だったのである。 話を元に戻しますが、あの騒音おばさんは学会の集団嫌がらせの被害者ではないでしょうか? 本当に許し難いことです。 報道に利用されたテープでは、創価学会の信者を集め、くすくす笑いながら撮られていたなんてことも言われています。 s会が徒党を組んで騒音おばさんをいじめていた、という。 私が学会の思想などに、全く賛同できないだけなのです。 騒音おばさんが、あれだけ報道された理由を考えてみると、やはり被害者夫妻がテープに取っていた映像でも明らかですが「引越し!引越し!」と叫んでいたのが、怒声にも聴こえて、視聴者もまたとんでもないおばさんだと思ったのではないでしょうか? 真相や真実は、未だに明らかにされてはいませんが、引っ越ししろ!と叫んだのは不味かったと思いますね。

Next

騒音おばさんの真実を知り、あきれました

これで創価の「嫌がらせ」「集団ストーカー」は確定的になった!. このインド人は夫婦の契約だったのに他の奴も住ませていたので契約違反をちくってで追い出してやったら、その真下の中国人が4人もルームシェアしている部屋に住み着いて6月から隣下からやられてた。 隣人はs会の人間。 そこへ、創価学会員である隣人(後の自称被害者)が勧誘をしにくる。 そして、そういう生活がずっと続くと、ほかのことまで皆そういう風に見えてしまう。 この映像の中で河原さんが次のような言葉を発している「ケンカの音で私のわがままの音じゃない、私の泣き声、悲鳴。 実際に隣人が撮影したテープには、からかうと子供のように怒るおばさんをクスクス笑いながら撮影したのが結構あった。

Next