いただけますと幸いです。 【幸い】と【幸甚】の意味の違いと使い方の例文

「幸いです」とは?意味と使い方

「いただきます」を使う場合、問いかけの文となりますので、「お水を一杯いただきたいのですが、よろしいですか?」のように使用します。 本日のセミナーにご参加頂いた方へ。 それでは、「いただけると幸いです」を敬語で、かつ的確にこちらの要望を伝わる形にするにはどのようにすればよいのでしょうか? 「なにとぞ~をお願いいたします」と伝えてみる 「いただけると幸いです」という意味合いで、先方にぜひともやってもらいたい要望がある場合は「なにとぞ~をお願いいたします」と伝えると敬意のこもった、なおかつ的確な表現となります。 取引をスムーズに運ぶためにもそのような事態を避けることが大切です。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。

Next

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

私の考え方が間違えで、正しい使い方は、軽々しく扱ったらダメなのかな? 辞書か何かで調べて報告していただけたら幸いです。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• 敬具」 なお、先にも書いたように目上の方や大切な取引先の方に対しては「いただけると幸いです」の部分を「いただければ幸いに存じます」や「いただければ幸甚です」と書き換えると、なお丁寧さが増します。 3.「幸いです」の類語・言い換え表現 「幸いです」には同じ意味を表す言い換え表現があります。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 連続して使用することは避ける方が良いでしょう。

Next

「幸いです」は敬語?より丁寧な表現とは

おかげさまで、有意義な旅行を楽しむことができました。 また、「お目通ししておくように」などという言い方をすることも誤用です。 「昨日やっと欲しいものが買えて幸いだった」などと言うのはおかしな言い回しです。 「ご教示いただけますでしょうか」との区別がややこしいので気を付けましょう。 これは、強要の意味を持たない、柔らかなお願いの表現です。 どちらにしても、プラスの意味で使用される言葉であり、目上の人や立場が上の人にも使用できるものです。

Next

「幸いです」とは?意味と使い方

「幸いです」には、「お願い致します」ほどの強い意味がなく、 「できればでかまいません」・「してくれたら嬉しいけれど、してくれなくてもいい」というニュアンスになります。 「ご笑納いただければ幸いに存じます」 等々。 自分よりも明らかに立場が上の方や目上の人に対して、敬意を確実に込めたいのであれば、「幸いに存じます」という表現に変えましょう。 例えば、「幸いです」の類語や同義語としてよく使われる表現が、「ありがたいです」「大変助かります」といった言い回しです。 「知らせてくれると嬉しいな!」とか、「知らせてもらえると助かる!」といったような、やや砕けた表現を使って伝えてみましょう。 相手に納期を厳守してもらいたい場合は、「5日までに提出していただけますよう何卒お願い申し上げます」としっかりお願いすることが大切です。

Next

「幸いです」という書き方。

曖昧になると何かあった場合にお互い嫌な思いをするので。 逆に「幸いです」を上司や先輩、取引先の方などに使うと、少しくだけた印象を与えてしまい、失礼に当たるので注意しましょう。 これからお並び頂いた場合、商品がご購入頂けない可能性がございます。 つまり「お目通しいただけますと幸いに存じます」とは、 「目を通してもらえると幸せに思います」という意味になり、柔らかいお願いの表現になります。 正しく使うには 嬉しい気持ち、幸せな気持ちを示す言葉です。 引き続き、ヴェルズ劇団存続に向けてのご協力を賜れれば幸いです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。

Next

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

『回答していただくことは可能ですか?』は正しい日本語表現です。 ・古代中国の船は黄河や揚子江をさかのぼったり、渡河することが主な目的のため、古代ヨーロッパのような外洋船の造船技術や航海技術は有していなかった。 人によっては「何が幸いなんだろう」などと疑問に持たれることがあります。 」 この「ご指導いただけないでしょうか」という敬語表現は「お教えいただけないでしょうか」という表現よりも丁寧な表現で、あまり使われる場面が見られませんが、この「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現を使うか、「ご指導いただけないでしょうか」という表現を使うかは個人の判断で決めましょう。 二重敬語とは、一つの文章に同じ種類の敬語を二回以上使用することになります。 」 などとし、プレゼントの品と一緒に、メッセージカードをつけるといいでしょう。

Next