映画 先生 好き に なっ て も いい です か。 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』のネタバレあらすじ

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』公式サイト 3.14 ブルーレイ&DVD発売 レンタル同時開始

この純愛ストーリーで初共演を果たしたのは、生田斗真と広瀬すずという、今や日本映画界に欠かせない存在となった2人。 撮影してる広瀬すずを撮影。 教師と生徒の純粋な恋を描いた珠玉のラブストーリーがついに地上波初放送!! 響が伊藤先生に好意を持つことを知った中島先生が、さりげなく牽制の言葉をかけました。 北高校の男子生徒・藤岡勇輔は、昨年に1年生でありながら県大会に出場していた響をチェックします。 そんなある日クラスメイトで仲の良い千草や浩介が恋愛トークで盛り上がっているところを聞いていたら、千草に頼まれごとを言われます。 共演には、竜星涼、森川葵、伊藤健太郎ら人気若手キャスト陣が集結。

Next

先生! 、、、好きになってもいいですか? : 作品情報

二人はしっかりと抱き合うのでした。 自転車をこぐ後ろのいい具合に紅葉した並木が、広瀬すずさんのなんとも切ない表情とあいまって見ているこちらは「キュンキュン」してしまいます。 そんな恋に少し臆病になってしまっている大人たちに、純粋に人を想うまぶしさを、恋をして急に輝き出すあの日々を、本作は思い出してくれるのです。 劇中音楽はこれまでも三木監督とは何度もタッグを組んでいるmio-sotido、脚本は『心が叫びたが ってるんだ。 弓道部に所属する女子高生・島田響は、クールで生真面目だが実は生徒への愛に溢れる世界史教師・伊藤貢作に恋をする。 戸惑い混乱する響だったが、事態は響の知らないところで急速に変化しようとしていた。

Next

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』公式サイト 3.14 ブルーレイ&DVD発売 レンタル同時開始

こちらも多くの目撃情報がtwitterにアップされていました。 学校は大騒ぎになっていました。 あらすじ 高校2年生の島田響(広瀬すず)は、ちょっぴり不器用でまだ本当の恋も知らないオクテな17歳。 また、2016年の11月から12月にかけて岡山市内のホテルにロケのスタッフが長期で宿泊していたとの情報もあります。 きっとどのよう…• それを聞いた伊藤先生は、響を抱きしめてキスします。 響は休み時間も使い、勉強します。 学校で一躍有名人になってしまった響は、登校できずに学校を休みました。

Next

映画「先生好きになってもいいですか」ネタバレあらすじと結末

その後、響は伊藤先生ともう会えなくなくのではと不安な日々を過ごします。 でも授業を忘れてベンチでうたた寝しちゃったり、居残り授業に担任でもないのに最後まで付き合ってくれたり……。 よくある学園系青春ラブストーリーで、禁断の恋ってやつがキレイにキレイにまとめられています。 演技が必要なのでしょうか?😅 おじさん、観てるだけでキュンキュンしました。 広瀬すずさん!、、、大ファンです😊• dTVは 初回31日間無料で体験できます。 浩介もやってきたので、響は美術室の奥に浩介を引き込み、2人で聞き耳を立てました。 これは良かった!! 映画も良かった!! 吹奏楽部と野球部を見事にマージしてストーリーを作り上げました。

Next

先生好きになってもいいですか無料

まあ確かに 笑 こういう、人気漫画が原作の作品で 映画化されたものって、爆発的な人気 って難しいですからね。 響は伊藤先生のところへ行きますが、「俺なんかを構って、無駄な高校生活を送るな。 二人は両想いとなりハッピーエンドかと思ったのも束の間、響の恋は思わぬ展開を迎えます。 2017年10月31日 19:51• 二人の間の世界観、世代間のギャップに笑い、そして互いへの想いの純粋さでホロリとさせます。 ボサボサ頭にメガネ姿。 両思いになれる確率が低いと指摘すると、千草はさらに落ち込みました。 また、JR西大寺駅の周辺の繁華街でもロケ撮影が行われていました。

Next

映画「先生好きになってもいいですか」ネタバレあらすじと結末

2017年10月10日 09:59• ですから、恋とは何かを知らずにいます…。 文化祭が終わった後、誰かが伊藤先生と響のキスをしていた動画をネットに拡散していて、学校内は大騒ぎとなります。 千草と浩介は、伊藤先生が辞めることを知ります。 撮影当時はまさに高校生ど真ん中の頃でしょう。 2017年10月27日 11:40• 浩介は何度子供扱いされてもあきらめません。 生徒に迷惑かけられるのも、教師の仕事だ」 【結】 - 先生好きになってもいいですかのあらすじ4 藤岡に背中を押される形で、響は伊藤先生にちゃんと告白しようと考えました。 これから観ているものを優しくさせます。

Next