えろ漫画 昭和同人。 1980年代のエロ漫画(少年誌)

1980年代のエロ漫画(少年誌)

ファンタジー漫画の大金字塔かと。 ただ、作画のクオリティはともかく、劇画なのでエロさは感じない。 ストーリーは途中から完全に破綻して、現在では訳分かんなくなっちゃってますが、序盤は今読んでも面白い。 復刻版には巻末に描き下ろし漫画が載っており、これは表現規制に対する抗議的な内容でした。 70年代にも少年誌や青年誌で描かれたアニメ絵のエロ系作品はいろいろありますが、ここまで露骨な性描写はまだ見られなかった。

Next

1980年代のエロ漫画(少年誌)

少年漫画でありながら、90年前後に起きた有害コミック騒動の矢面に立たされ、絶版に追い込まれた不遇の作品。 このアンバランスさが実にエロい。 2,187• 安田秀一や しのざき嶺、 猫島礼、 阿乱霊あたりはエロが薄すぎ、物足りなかった。 内容は壮大なスケールで描かれたSF伝奇アクションで、今の若い人にもとっつきやすいと思う。 これは銭湯で出会った女の子に悪戯する話なんですが、ロリコン物としては80年代の最エロ作品と言って良いかもしれない。

Next

尼僧十荒行

そんな尼僧とそれを取り巻くオスどもの愛憎渦巻く尼僧交接オムニバス。 中には MEIMUのように全くエッチシーンのない作品も多く、管理人もめぼしい作品をいろいろ漁ってみたんですが、この時期でオススメしたくなるものは、ちょっと見当たりませんでした。 ねぐら・なおは、90年代以降ムチムチ系の作画にシフトしてしまうんですが、この頃はまだロリ系ですね。 超能力を持ったヒロインがテレポートする度に全裸になるだけなんですが、丸みを帯びたロリ体型は魅力的でした。 あと、週マガ連載ですが、 井沢まさみ「」もプレミアが付いてることで有名。 それが直接の原因かは分かりませんが、作者はその後、漫画家を廃業してます。 同誌では、後にヤンジャンで活躍する わたべ淳も連載してますが、これは期待外れだったかな。

Next

尼僧十荒行

1984年からリリースされたロリコンアニメの金字塔「くりいむレモン」シリーズにも、後で紹介する 亜麻木硅らと共にゲストとして原作参加したりもしており、当時の人気が伺えます。 月刊少年チャンピオンで連載された 帯ひろ志(本能猛)「」がそれ。 ちなみに、管理人が森山作品の中でベストだと思うのは、短編の「とくべつのあわ」。 。 時にはオムツのシミまで表現するイカれぐあいで、特に1〜2巻はヤバすぎる。 中でこの時期、異彩を放っていたのが…月マガで連載された少年誌史上屈指のロリコン漫画、 川原正敏「」です。 絵柄も良く似せており、エロゲ化もされたそうです。

Next

1980年代のエロ漫画(成年誌)

後に一般誌に進出する 雨宮じゅん(雨宮淳)なんかも、少女漫画的な独特の絵柄でショタキャラを好んで描く個性的な作家でしたが…まあ、青年誌で描かれた作品の方がエロいと思う。 また、同い年の幼馴染み2人がヒロインの「」もオススメ。 704• 婉曲表現を用いず、ここまであからさまに精液を描写した少年漫画を、私は他に知りません。 主人公の婦警コンビが、毎度事件に巻き込まれては脱がされるワンパターンお色気漫画ですが、むちむちした裸体描写は見事でした。 ところがある日、先生の交代が告げられ、やって来たのは大柄で顔に無数の傷がある超怖そうな男の先生!!その「鬼殺熊吉」と名乗るその先生は男尊女卑の教育理念を念頭に執拗なまでに女子への懲罰や体罰を開始します!先生への挨拶が無い女子はパンツおろして尻叩き!女子のみ抜き打ちで下着の検査!体育の乾布摩擦は女子は上半身裸!いう事聞かない女子はブルマも没収して全裸マラソン!そして抜き打ちの身体検査と称して裸に剥かれた女子達は保健室へ裸で行進。 149• 70年代にも 永井豪や 本宮ひろ志がいたわけで…。

Next

JSのエロ漫画・エロ同人誌│エロ漫画喫茶

現在はプレミアが付いてることもあり、青年誌で描かれた「」から読んだ方が良い。 可愛い妹が欲しい。 高橋留美子や あだち充に代表される空前のラブコメブームでもあり、エロ漫画にもラブコメ要素が積極的に取り入れられていった…そんな時代でした。 一般誌で発表された作品に関しては現在、 山本直樹がセレクトした傑作選「」が出ているので、作者のエッセンスだけを味わいたいなら、そちらで十分だと思う。 あと、 六波羅芳一、 架空まさるあたりも気になってるんで、入手できたら追記したい。 今だったら、絶対エロ同人誌とか描かれまくってたと思う。

Next

【エロ漫画】昭和のエロ漫画って読みだすとハマるよな~【無料 エロ同人】|エロ同人カフェ

また、週マガに連載されたシリアス系作品「」での雪代レイプシーンは、エロくはないですが伝説となってます。 また、同い年の幼馴染み2人がヒロインの「」もオススメ。 「透明人間」もやはり終盤がエロいんですが、7巻でのヒロインが胸を揉まれながら主人公のアソコをこねまくるシーンなんて、今じゃ考えられない。 森山塔としては85〜87年に単行本が出てまして、その作品のほとんどが後にフランス書院コミック文庫で、さらに2000年代にはB6版のZコミックスでも再編されてるので、今ならそちらを集める方が楽。 復刻版に成年マークが付いたのも頷けるほど、少女のオムツ・おしっこ・痴態の嵐。 他、特にオススメはしませんが、この時期では 冨樫義博のデビュー作「」も有名。

Next

1980年代のエロ漫画(少年誌)

あと、少年誌でも活躍した やまぐちみゆき(飛鳥弓樹)や、エロコメ系少年漫画家として知られる 帯ひろ志が 本能猛名義で活躍していたのも、この頃。 ねぐら・なおは、90年代以降ムチムチ系の作画にシフトしてしまうんですが、この頃はまだロリ系ですね。 オリジナル版にはプレミアが付いてましたが、現在は無料公開されてます。 カテゴリ一覧• 時代を凝縮したかのような美少女作画は一見の価値あり。 作者のによると、250万部以上売れたというから驚きです。 絵柄がいかにも少年誌的なのが、逆にエロさを引き立ててますね。 このシーンが週刊少年ジャンプに載ったのを見たときは衝撃でしたね。

Next