光秀 息子。 実は残虐で無慈悲だった明智光秀:日経ビジネス電子版

明智光秀の子供(息子)は?子孫は現在も生きている?!

いずれも より もともとの理由が曖昧だからか、反論もスッキリしない印象を受けます。 夫・忠興は徳川家康方につき、留守にしていた時に、石田三成がガラシャを人質に取ろうと細川屋敷を包囲します。 その「明智憲三郎」氏はというと、光秀の子「於隺丸(おづるまる)」の子孫で、江戸時代は「明田」姓を名乗り、明治時代になって明智に戻したとおっしゃっていますが、『明智軍記』『鈴木叢書』には、「於隺丸」の名前は見当たりません。 橋場日月は、四国ルートで九州に進む光秀の構想が、秀吉の中国ルート構想に敗れたことが変を呼んだとする四国説のバリエーションを唱える。 『明智光秀の乱』(著者:小林正信)では、明智光秀の前半生がわからないのは名前を改姓した事によるものだとして、明智光秀になり得る者を室町幕府の奉公衆の中にいる人物と断定し、僧体からした進士知法師に注目した。

Next

【明智牧の生涯とは】明智光秀の母親を徹底解説!!人物像や彼女の人生を振り返ります!

その川は木曽川支流の根尾川だと言われています。 一時期は有力な説として注目されていたが、立花が「イエズス会説」に転換した現在、この説を唱える研究者はほぼいない。 — レイチェル sayurachel まとめ. 214 収載『太田牛一旧記』P. 生没年不詳• 長宗我部元親の正室は、光秀の家老・斎藤利三 さいとう さんり の縁者であるとされ、光秀の縁者を匿う可能性はあると思います。 松尾芭蕉が奥の細道の旅を終え伊勢神宮参拝をした時、又幻という人の家に泊めてもらったそうです。 2国(・)は攻め取った分だけそのまま光秀の領地にしてもいいが、その時は(近江坂本)・は召し上げにする、と伝えられたこと。

Next

明智光秀の息子「明智自然(あけちじねん)」とは?

光秀との仲も深く、本能寺の変の遠因に長宗我部元親を守る為だったとも云われる位です。 明智の本流とされている土岐氏は美濃の出自であるが、尾張・越前は斯波氏が守護のため、両方に同姓の武士が住んでおり、縁故者がいた可能性はかなり高い。 「その才知、深慮、狡猾さにより信長の寵愛を受けた」 「裏切りや密会を好む」 「己を偽装するのに抜け目がなく、戦争においては謀略を得意とし、忍耐力に富み、計略と策謀の達人であった。 羽柴軍の主力はからので疲弊しており、高山右近や中川清秀等、現地で合流した諸勢の活躍に期待する他はなかった。 その際、最期と悟った光秀は自らの首を「守護」の格式を表す(もうせんくらおおい)に包んでに届けてくれと言い残したという。

Next

明智光秀が死んでから明智一族はどうなったのですか?ガラシャはキリシタンだ...

現在の岐阜県山県市へ、父「光秀」とともに落ち延び、そこで「荒深 小五郎」と名を変えた父「光秀」とともに暮らした、と言われ、現在も山県市内には「荒深」姓が 残っている。 23日には過労で倒れたため、しばらく療養を続けた。 これは2014年に熊本藩細川家の家臣で医者だった米田貞能の、熊本市にある子孫の自宅で発見された医学書で 、光秀自身が「高嶋田中籠城之時(高嶋田中城に籠城)」に語った内容を含んでおり、9年10月20日(1566年12月1日 )に米田貞能()によって作成された写本である。 似てますか? 私は似ていないと思います。 , pp. 後の行動 天正10年 1582 の6月に光秀が を倒す の変が起こります。 『完訳フロイス日本史3』・第58章(第2部43章)• 青年期 青年期の履歴は不明な点が多い。

Next

【明智牧の生涯とは】明智光秀の母親を徹底解説!!人物像や彼女の人生を振り返ります!

このため最期も亀山城での病死、坂本城での自害など諸説があり、また山城国の妙心寺や和泉国の本徳寺の僧となったと言う生存説も存在します。 謎に包まれていますが、歴史的にはどちらかの結論しかありえません このブログは文字ブログですから、2人の情報を紹介してから、2人の筆跡を比べて結論を出してみたいと思います。 細川ガラシャと細川忠興の銅像 しかし平穏な日々は続きませんでした。 128• 『図説 明智光秀』、2018年。 この二人からあの 明智光秀が生まれました。 その7代目の子孫がであり、その子を、そしてその子が光秀とある。 この距離の移動は現実的ではないため、どちらかの書状が日付に誤り、もしくは偽文書である可能性がある。

Next

明智光秀の息子・自然や子孫・家系図について解説!現在も活躍する有名人多数!

/ - 兄弟どちらも。 , pp. が崩壊したことで各地に支配の空白が生じ、家康とやらが・を争奪した、やの蜂起などが起きた。 113• しかし、光秀が織田信長に仕えたことで出世もし、一時は安心もしましたことでしょう。 信原克哉 『明智光秀と旅』ブックハウスHD、2005年 映画• 利治は病でにおいて静養していると考えていたようである。 同年9月12日ので中心実行部隊として(和田秀純宛「仰木攻めなで切り」命令書) 武功を上げ、近江国の滋賀郡(志賀郡:約5万石)を与えられ、間もなくの築城にとりかかる。 「大日庵」は、後に発展して「海雲寺」となりましたが、戦火で焼失したため、岸和田に移転して、寺の名を「本徳寺」と改めました。

Next